人事不省に陥る

18 の例文 (0.00 秒)
  • 急速に人事不省に陥って行くばかりで、意識が回復することもなかった。 ...
  • ゆきを見てもわかる通り、並の人間ならひと呼吸で人事不省に陥ってしまう。 ...
  • まるで人事不省に陥ったかのように、時間がわからなくなった。 ...
  • 時計を見ると、わずかに三十分間人事不省じんじふせいに陥っていたことが分かりました。 ...
  • フローリングの床には、人事不省に陥った三人の黒服たちが転がっていた。 ...
  • テスト飛行では、何度か墜落して人事不省に陥ったこともある。 ...
  • 突如人事不省に陥った恋人のほうを見ようともせず、ネルは周囲を見回した。 ...
  • 心臓が動いて居る間は、たとい人事不省に陥って居ましても、その人は死んだということが出来ません。 ...
  • 彼は半ば人事不省に陥っていたが、いつも、そんな気がしていたということだけは今ここに誓ってもいいとさえ考えた。 ...
  • 吸入器を奪われた二人はそれに打倒れて人事不省に陥った。 ...
  • 彼はそれきり人事不省に陥って、気が付いてみたら既に夫人のねやに運ばれ、床の上にかされていた。 ...
  • 最初に被弾した時点でクラドック少将は死亡もしくは人事不省に陥っていたと考えられている。 ...
  • 感染症を防ぐ処置などがとられたが、翌日から高熱を発して人事不省に陥る。 ...
  • 昨夜人事不省に陥って居た私は、其の警察署で保護を受けて居たらしいので有ります。
  • そして目の前には、跪いたまま人事不省に陥っている言峰綺礼。 ...
  • それから七日あまり、人事不省ふせいに陥っているあいだに、事実の詮議せんぎがすすめられた。 ...
  • それから脈搏がだんだん減少して行き、それが六十ぐらいに達したころに急に卒倒して人事不省に陥るそうである。 ...