人事不省

全て 名詞
263 の例文 (0.00 秒)
  • 数時間前から感じていた人事不省の状態に圧倒されてしまったのだった。 ...
  • 急速に人事不省に陥って行くばかりで、意識が回復することもなかった。 ...
  • けれども人事不省に落ちているらしい女性は眼を開く事が出来なかった。 ...
  • ゆきを見てもわかる通り、並の人間ならひと呼吸で人事不省に陥ってしまう。 ...
  • 彼を人事不省におとしいれた打撃も、脳に実際の損傷を与えてはいないようだ。 ...
  • かれはもうたくさんの水を飲んでいて、半分人事不省じんじふせいであった。 ...
  • 彼は、人事不省で倒れていたとき、誰かに懐中時計を盗まれたそうである。 ...
  • しばらく人事不省だったが気がついてからも、二三日はわからなかった。 ...
  • まるで人事不省に陥ったかのように、時間がわからなくなった。 ...
  • が、腦震盪を起して人事不省のまま二三週間生死の境をさまよつてゐた。 ...
  • だが、この四人が四人とも、この姿勢のままで人事不省におちいっていたのだ。 ...
  • 時計を見ると、わずかに三十分間人事不省じんじふせいに陥っていたことが分かりました。 ...
  • しかしその治療もむなしく、彼女はほぼ一週間、人事不省で眠りつづけた。 ...
  • しかし伯爵は非常な興奮状態におちいって、ついには人事不省のありさまとなった。 ...
  • フローリングの床には、人事不省に陥った三人の黒服たちが転がっていた。 ...
  • もっとも僕は一時人事不省に陥ったが気がついて見るとこの病院にかつぎ込まれて居たのだ。 ...
  • ルヴェーは公式結果も聞かず2時間人事不省の状態でピットで眠った。 ...
  • 次へ