五里霧中

全て 名詞
231 の例文 (0.00 秒)
  • こういう絶望すべき事実のおかげで、君は五里霧中にさ迷っているのさ。 ...
  • そもそもだよ、あの一連の事件は、現在のところ、五里霧中なんだわね。 ...
  • といっても、正直なところ、そのときはまったく五里霧中でしたけど。 ...
  • かといって、どんな手を打ったらいいかは相変わらず五里霧中だった。 ...
  • 彼らは、どちらに向かって進んでよいものか五里霧中で立ちすくんでいる。 ...
  • 第一回の慘劇の後では全く五里霧中で誰が犯人だかさつぱり判らなかつた。 ...
  • 詳しいことは五里霧中だったが、おれは頭を悩ますより早く行動に移った。 ...
  • 五里霧中であることは承知していたが、その暗い森から出たいと切望していたのだ。 ...
  • こんなことをいっては失礼しつれいですが、船長せんちょう、まずこのふね五里霧中ごりむちゅうだね。 ...
  • そこまでは何とかわかったジュウだが、そこからが五里霧中ごりむちゅうだった。 ...
  • これから部活動がどのような展開を見せるのか、五里霧中であった。 ...
  • なにを自分は実行したいと思っているのか、あらためて考えると五里霧中だった。 ...
  • いや、五里霧中とは昔の人はよく言つたものだと思ひましたわい
  • 警察の捜査方針はここに於て五里霧中に彷徨する事となった。
  • 目が早いのなんのと言われても、肝心な時はいつも五里霧中だ。 ...
  • 五里霧中という言葉があるが、まだ何もわかってはいない。 ...
  • 戒厳令の発布以来、五里霧中の状態で行動を強いられてきたという事情もある。 ...
  • 次へ