五月晴れ

77 の例文 (0.02 秒)
  • やはりどう見ても、五月さつき晴れの空にえる花菖蒲に似た女なのであった。 ...
  • 五月晴れの空が青く、あちこちにこいのぼりが風に泳いでいるのが見えた。 ...
  • 雲一つない五月さつき晴れの空を見つめる尚顕の太い眉の間に、縦皺たてじわが寄った。 ...
  • 郭公かつこうが遠く近くでいていた五月晴れの美しい丘の上であった。 ...
  • 雲一つない五月晴さつきばれの空の下、巨大きょだいな工場地帯があった。 ...
  • 五月晴れの後に五月雨さみだれが続いて、大川は川開きの時とは形相が変った。 ...
  • 五月雨は梅雨の別名であり、五月晴れは本来梅雨の晴れ間のことである。 ...
  • 相変わらず抜けるような五月晴れで、海の色も山の緑もあざやかだ。 ...
  • 五月晴れの或る日曜日、鍋島が赤いポロシャツを着てアパートにやってきた。 ...
  • 鋭いうなりを発して、一個の独楽が、五月晴さつきばれの空中へ、けあがった。 ...
  • 体調がよいし、天気も五月晴れだし、これからちょっと行く、と言う。 ...
  • それはもう残酷に思われるほどの、明るい五月晴れだった。 ...
  • ケルビムを否定し、守屋で五月晴れの太陽を浴びて自決したんだ。 ...
  • 翌五月五日は、朝から、良く晴れて、文字通りの五月晴れの休日だった。 ...
  • 五月さつき晴れには白いまゆが村の人家の軒下や屋根の上などに干してあるのをつねに見かけた。 ...
  • 吉亮はきのうに変る五月晴れを、浅草山谷さんやの五郎兵衛の家から眺めていた。 ...
  • 五月さつき晴れの平穏の中、桃山は明けの体を横浜へ運ぶことになった。 ...
  • あの、能天気にしか見えないジュンペイでさえ五月晴れのような瞳に影のさす時がある。 ...
  • 翌朝、五月晴れに晴れた空をまぶしそうに見上げながら大西は言った。 ...
  • 五月晴れというのか、さわやかに晴れ渡り、数片の雲が綿に似て浮いていた。 ...
  • 今日は五月晴れといってよいほど、さわやかな日で、表に菖蒲しようぶ太刀売りが出ている。 ...
  • 五月に入ってからも、雨模様の日が続き、なかなか五月晴さつきばれの青空があらわれない。 ...
  • 目がさめるような五月晴れの朝である。 ...
  • 五月晴さつきばれの土曜と日曜の丸々二日かけて、バリ島帰りのようにからだを焼いたのである。 ...
  • 「ああよい天気」 白い雲の山にかかる時は、かえって五月晴さつきばれの空の色をあざやかにします。 ...
  • アパートを出る日は素晴らしい五月晴れだった。 ...
  • 静かに眼をらして、窓の外一パイに輝いている五月晴さつきばれの空を飽かず飽かず眺めているようであったが、やがて何事かを思い出したらしく、その大きな眼に涙を一パイに浮き出させた。 ...
  • 五月晴れの一日が終えようとする境内は、ほの白さが杉木立の間をひっそりと流れていた。 ...
  • 次のページ