中国棋士

28 の例文 (0.00 秒)
  • また高部との対局で刺激を受けた中国棋士達が、後に少年時代の呉清源を育てる役割も果たしている。
  • さらに国内戦をあわせて五冠王に輝き優勝賞金中国棋士歴代最高の760万元を稼いだと推定されている。 ...
  • 日中囲碁交流では1961年から出場し、1965年には岩田達明九段を破り中国棋士として初めて日本の九段に互先で勝利する。 ...
  • 中国棋士ランキングでは、1997年7月に9位を占めた。 ...
  • しかしこのための調整が始まった1983年に趙治勲が棋聖位に就き、韓国籍棋士と中国棋士の対戦は政治的課題となるが、その後中国の対韓国の姿勢が柔軟化し、また日本棋院でも三大タイトル保持者の対外対局を認めたために、1984年から個人間の三番勝負も組み入れられるようになり、名称も日中囲碁決戦となった。 ...
  • 中国棋士ランキングでは2000年に1位獲得。 ...
  • 中国棋士の熱心さを目の当たりに見た藤沢は、早くから「中国軍団の馬蹄の響きが聞こえる」と言って、中国棋士のレベル向上を予言していた。 ...
  • 中国棋士ランキングでは、2003年から古力に次いで2、3位を占めていたが、2009年に1位となる。 ...
  • この棋戦での中国棋士初優勝とともに、世界選手権決勝で外国棋士に不敗だった李昌鎬に初めて土を付けることとなり、中国では「中国碁界20年の歴史以来、最も輝かしい事件」と報じられた。
  • 中国棋士ランキングでは1998年で30位。
  • 日本の三棋士は中国棋士との対戦を要求し、中国では新棋聖の雷凌雲と、江流児、棋鬼王を出場させようとしたが、江流児、棋鬼王は行方が知れないため、北武の武雲飛と東郭の潘国興が出場することになった。 ...
  • 中国棋士ランキングでは、1997年から1999年前半まで、及び2001年の間、1位を保った。 ...
  • 第4期には馬暁春、邵震中、第5期には曹大元、宋雪林の中国棋士2名ずつが出場した。 ...
  • 中国棋士ランキングでは2002年4月に10位。 ...
  • 中国棋士ランキングでは、2002年に45位。 ...
  • 中国棋士ランキングでは1997年7位。 ...
  • 中国棋士ランキングで2011年に1位。 ...
  • 次へ