不撓不屈

全て 名詞
128 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は議会に対して自身の権利を維持する不撓不屈の人物として最もよく知られている。 ...
  • 知識ではなく、不撓ふとう不屈の精神だけがこの仕事をなしとげさせるであろうということも。 ...
  • 不撓ふとう不屈の魂を持つ痴漢だぐらいには思ったかもしれない。 ...
  • 不撓ふとう不屈の地味な基礎研究にささえられた科学の力が十分に発揮されたものと言ってよい。 ...
  • 金日成の父親も母親も「不撓ふとう不屈の反日革命闘士であられた」という。 ...
  • いずれにしても、日本は不撓不屈、ドイツとは違うなり。 ...
  • ここで彼の不撓不屈の性格を正当に見なおす必要がある。 ...
  • スガモ・プリズンはこんな不撓ふとう不屈の囚人を見たことはなかった。 ...
  • 我々に不撓ふとう不屈の精神がある限り、敗北はない! ...
  • どんな悪戯いたずらっ児でも、この不撓不屈ふとうふくつの先生の前には、ついにかぶとを脱いでしまうのである。 ...
  • それよりも不撓不屈の好戦的な人間が、即位当初から討幕を計画していたという設定の方が、話としては理解しやすいため、それが広まってしまったのではないかという。 ...
  • およそ長い歴史を通じ、何が強靭きょうじんかといって、民の不撓不屈ふとうふくつほど、驚歎されるものはない。 ...
  • だが、不撓不屈ふとうふくつのノルラミン人たちは、ついにこの偉業を完成した! ...
  • どんな困難にあっても夢を諦めない「不撓不屈」をコンセプトとし、東京を中心に活躍している。
  • 終始一貫せる彼の方針、あらゆる困難を排除して目的を確保した不撓不屈の精神、これが今日のドイツの勃興に与えた力は極めて偉大である。 ...
  • アヴィニョンの不幸な出来事は、ファ-ブルに不撓不屈の意志で自分を向上させた。 ...
  • それは日本人の「不撓不屈」の戦う意志、それ一つである。 ...
  • 次へ