不世出の天才

14 の例文 (0.00 秒)
  • 不世出の天才ではあったが、信長は幾度となく苦杯をめている。 ...
  • 彼女は不世出の天才であり、同時に超弩級の迷惑人間でもあった。 ...
  • ランボーが不世出の天才だったのかもしれません。 ...
  • アステアはダンスに洗練と品格の両方を備えさせることに成功した、二十世紀を代表するダンサーであり不世出の天才と言える。 ...
  • もしあれば不世出の天才である。 ...
  • 嶋中雄作は滝田を不世出の天才編集者と称賛する一方で、『中央公論』は滝田一人の能力に頼りすぎた独裁組織だったために、彼の病とともに終焉を迎えたと指摘した。 ...
  • 特にフリースタイルスケートの世界では不世出の天才であり、実力、実績、人気の全てにおいて飛び抜けている。 ...
  • 彼が不世出の天才であり、楽聖の再来であり、希代の神曲楽士だったからなのだ。 ...
  • ヴァーグナーが不世出の天才を傾けて書いた『ニーベルングの指環』のあの絢爛けんらん豪華な管弦楽が、弦楽四重奏か何かのような透明さをもち、しかもそれに少しも劣らぬ高度な音色の変化で彩られている状態を想像してみてもらいたい。 ...
  • しかし、稀代の人形師・花柳齋の真作である自動人形・夜々を引き連れ、ヴァルプルギス王立学院の門を叩いた雷真の本当の目的は、〈魔王〉の称号を手に入れることではなく、不世出の天才にして一族を皆殺しにした赤羽天全に復讐することだった。 ...
  • 特に、ライブ盤「フィルモア・イースト」での演奏はコンビを組んでいた不世出の天才ギタリスト、デュアン・オールマンに引けをとらない堂々としたものであった。 ...
  • 「七条仏所」からは、鎌倉時代に入ると、運慶と快慶ら、これまた仏像彫刻の新時代を創った不世出の天才たちが生まれた。 ...
  • いわく、不世出の天才。 ...