不世出の大

11 の例文 (0.00 秒)
  • あの娘なら、育て方によっては、不世出の大歌手に育ちそうな気がする。 ...
  • そんな状態のとき、不世出の大名人と対戦できたことは大幸運だった。 ...
  • ところが、不世出の大名人は、思いもつかぬ、フィナーレを用意していた。 ...
  • やはり先生は不世出の大作家だったのよ。
  • 不世出の大打者と云われた宮武がそうであった。 ...
  • いまだかつてこの不世出の大探偵シャーロック・ホームズが敗北したことは断じてなかったのである。 ...
  • ドクトルはそのことを日記の終りの方に自ら記しているが、それはこの蠅男の修理された脳力は、あまりにも超人的であって、不世出の大天才と折紙をつけられた鴨下ドクトルの脳力さえ、蠅男の脳力の前には太陽の傍の月のように見劣りがするという事実だった。 ...
  • 将棋の大山名人、五冠王の不世出の大名人である大山さんが次々にタイトルを失って、ついに無冠となったとき、あの憎い大山ヽヽヽヽに私は声援を送っていた。 ...
  • モーツァルトの死後、天下翕然きゅうぜんとしてモーツァルトを惜しみ、旧居を憧憬者しょうけいしゃの多いのに驚いて、始めて自分が十年同棲どうせいした夫が、不世出の大天才であったことを「わずかに悟った」にすぎなかったと言われている。 ...
  • 豪胆な言動から〈最後のカツドウ屋〉と呼ばれ、東映の自由闊達な気風を作り上げた不世出の大プロデューサー。 ...