三昧

1,050 の例文 (0.02 秒)
  • 大阪大学に通っていたが出席しなくなり、映画三昧の生活を送っていた。 ...
  • パリではシネマテーク・フランセーズなどで映画三昧の日々を過ごした。 ...
  • 彼の文章は格に入らぬが、彼の作る大根は往々芸術の三昧に入って居る。 ...
  • わしがふだんよくよく注意してそちに教えていた、あの海印三昧だがな。 ...
  • 彼女は見つめて三昧さんまいに入り、ぶるぶると身ぶるいさえすることがあった。 ...
  • 火生三昧の実行は昭和12年9月14日午後から夜にかけて行なわれた。 ...
  • バンド三昧の大学生活を送り、大学を卒業し、大阪の広告代理店に就職。 ...
  • それがない時は能力をもて余して、例の博奕三昧ばくちざんまいの生活にふけったりする。 ...
  • そうやって瞑想三昧ざんまいにふけりながら、静かな数時間をじっとしていた。 ...
  • 静かに連歌の三昧さんまいを楽しみたいため、わざわざ不便な所へきたのじゃ。
  • この二十五三昧が12世紀後半の共同墓地出現の契機とも考えられている。 ...
  • 私は親達にも弟達にも舎中の諸君にもそむいて、ただ推敲三昧に入つた。 ...
  • そこで日本のことを知り、京都で一年半ほど座禅三昧の日々を過ごす。 ...
  • 前原くんがあまりにも聞き上手だから、またお話三昧になっちゃったわ。
  • 田中は毎年夏になると軽井沢でゴルフ三昧の毎日を送るのを楽しみにしていた。 ...
  • おれもかなりしたい三昧ざんまいはしたが、まだ檻へブチ込まれた経験はない。 ...
  • あの初代の大茶人たちはその美を静かに見、深く見、そこに美三昧びざんまいを感じた。 ...
  • 彼等こそは真に芸術三昧であり、表現のための表現に献身している。 ...
  • どうやら、午後は選りすぐってきた論文で、勉強三昧ざんまいのつもりらしい。
  • それはまれに南仏その他への旅行で中断される創作三昧ざんまいの日々だった。 ...
  • 情の赴くまゝにまかせてしたい三昧のことをしてゐる人だちもある。 ...
  • 月曜、水曜、金曜の週三回、彼女は三昧線の稽古に行っているのである。 ...
  • 彼がふと寺の縁に立つと、あの富士と自分と融け合う三昧が現前したのである。 ...
  • 若い娘なんか味もそっけもないものに思えて、道楽三昧ざんまいふけっていたものさ。 ...
  • 勿論雪担さんも自室に閉じ込もってマンガ三昧にふけっているのだろう。 ...
  • このころから、喧嘩三昧の生活を送るようになり、愚連隊の世界に入っていった。 ...
  • 周囲は野江家の出戻り娘は幼子を放っておいて毎晩ダンス三昧と噂をしていた。 ...
  • 粘土つちの中にたましいが入っているように、三昧さんまいになりきっていた。 ...
  • 次のページ