三つの煩悩

7 の例文 (0.00 秒)
  • 仏教では、克服すべき最も根本的な三つの煩悩として貪・瞋・癡を掲げており、人間の諸悪・苦の根源としている。 ...
  • 出羽守の煩悩に焼き払われた焦土の灰から、ここに、三つの煩悩のすがたが立ち上ったのだ。 ...
  • 三毒とは、仏教において克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩、すなわち貪・瞋・癡を指し、煩悩を毒に例えたものである。 ...
  • 三つの煩悩を負う三人、計らずもここに落ち合った。
  • で、三人が三つの煩悩を追って、銘めい、各その方面で求めるものを掴み、他日なんらの形でその力をわせて、煩悩出羽に立ち向かおうというので。 ...
  • 内に猛り狂う煩悩を宿し、外に、おのれを仇とつけ狙う三つの煩悩の鬼ありとも知らず、祖父江出羽守、千浪のやさしい顔姿に煩悩の火を燃やした末、弓削法外先生を討ち果たし、二重に、伴大次郎に、かたきとつけ廻されることになった。