万感胸

35 の例文 (0.00 秒)
  • 私は体の休まるとともに、万感胸に迫って、涙は意気地なく頬を湿らした。 ...
  • 小林軍医長は万感胸に迫る思いでしばらくそれを眺めていたという。 ...
  • しかし、万感胸にせまって、何を話していいのか、わからなかった。 ...
  • またこの瀬左衛門が万感胸に迫って言葉を奪われる。 ...
  • そう思うといよいよ万感胸に迫った。 ...
  • 彼は誓いの言葉をしっかりと強く答えたのに、私は万感胸に迫って、言葉が咽喉のどにつかえてほとんどものが言えなかった。 ...
  • それを操作しながら、万感胸に迫るものがあった。 ...
  • 私はこの音を聞くと万感胸に追って過ぎさった十二カ月の間めまぐるしく味わってきたあらゆる場面が眼前に彷彿としてくるのを覚えざるをえないのである。 ...
  • 万感胸にせまる、とは、このような状態をいうのだろう。 ...
  • 十本のツルを目の前にして、万感胸に迫るものがあった。 ...
  • 万感胸を打つルポルタージュもあれば、戦争の美学を讃えていると取られかねない映画やテレビ・ドラマもあった。 ...
  • クララはもう泣かなかったが、万感胸に迫って身動きひとつせず、涙で洗われてゆく靴先を黙って見つめた。 ...
  • ダビデは万感胸に迫って声もなかった。 ...
  • 荒れているのはそのせいかもしれないが、とにかく三百年もつづいた伝馬町の牢もそれでなくなるのかと思うと、万感胸に迫るものがある。 ...
  • 宮下さんも田辺さんも、山の危険を知りつくし、しかも仲間を山で亡くしてきたからこそ、家族との別れにも万感胸に迫るものがあるに違いない。 ...
  • 万感ばんかん胸に迫って、むしろなんの感慨もないにひとしい。 ...
  • 万感胸にせまり、勝の声も耳に入らぬ様子だ。 ...
  • 次へ