万感交々

6 の例文 (0.00 秒)
  • 女、五年間そんな事をされた覚ない故、万感交々で、涙が出そうになった。 ...
  • 其のうちに愈々夜に入った、万感交々こもごも胸に迫るとは此の様な場合を云うだろうか。 ...
  • 何しろ五年の間、ただのいっぺんもそんなことをされたことがないんだから、万感交々さね。 ...
  • そして万感交々のこうした想いに耽りつつ、歩き廻っているうちに、ナイル河のほとりの、帝王スルターンの宮殿の裏手に出ました。 ...
  • 何食はぬ顔、新六郎を戸外へ呼びだして、だしぬけに一刀両断、万感交々こもごも到つて痛憤秀吉その人を切断寸断する心、如水は悪鬼の形相であつた。 ...