万感の想い

14 の例文 (0.00 秒)
  • 女はたった一言の言葉に万感の想いを託すが、たいてい男には通じない。 ...
  • 僕は万感ばんかんの想いを込めて、 「お前は何でも知ってるな」 と言う。
  • 俺は万感の想いとともに、心からの答えを口にした。 ...
  • 稀に帰る夫へ万感の想いをこめてささやきかけても、有馬の自分に向けられた品物を見るような視線に、静子は囁き続ける勇気を失ってしまうのだ。 ...
  • 祥子が「立たせたままで」と表現したのは、彼女にもそのわずかな時間が、万感のおもいのこもった永遠の時間と感じられたからかも知れない。
  • 花山は意識していなかっただろうが、花山が被告たちを宗教的な境地に達するように説教しようと考えれば考えるほど、皮肉なことに、日本仏教が万感の想いを込めて復讐していく構図ができあがっていくのである。 ...
  • だからこそ「リリー・マルレーン」に寄せて、万感の想いをこめて、彼女は全世界の観客に、こう訴えたのである。 ...
  • 俺は万感の想いを込めて言う。 ...
  • フランクとバーニーの間で揺れるジョージーだったが、パーティ会場に思い出の曲が流れると、フランクと万感の想いで見つめ合う。 ...
  • 聖剣の担い手は膝を屈し、万感の想いを込めて光を見つめる。 ...
  • 私は中学生で工場動員されていたが、この時期、滝野川万才館や八王子松竹座などまで追っかけて、林長次郎一座などというドサ廻りの小一座と一緒に出ている笠置シヅ子とその楽団を、万感の想いで観ていた。 ...
  • 結局根元の部分は衛宮士郎のままで、だからこそ『貫いてみろ』という言葉に篭められたのは、万感の想い。 ...
  • フリースケーティングでは日本スケート連盟公認大会では自身初となるトリプルアクセル-トリプルトゥループのコンビネーションジャンプに成功し、演技終盤には自他ともに認める代名詞のロングイーグルを見せ最終順位17位、万感の想いで最後の全日本選手権を終えた。 ...