万感の思い

94 の例文 (0.00 秒)
  • おなじ本を万感の思いで手にした、と指や目がちゃんと知っている。 ...
  • 僕としても『頑張がんばって下さい』と万感の思いではげますしか道はなかった。 ...
  • 処世の知恵を伝える短いフレーズの中に、万感の思いがこめられている。 ...
  • 「無事だったのね」 万感の思いをこめて、あたしはジェフに声をかけた。 ...
  • 約二メートルの高度から、ハルユキは万感の思いを込めて短く叫んだ。 ...
  • 「元気ニ」 の一言に、彼は万感の思いを託したのではないだろうか。 ...
  • たった今、歴史を背負ったような万感の思いを味わっているのだろう。 ...
  • たとい言いきっても、なお万感の思いが残るのが信仰や恋愛の実相であろう。 ...
  • 即座に万感の思いが胸によみがえってきたのも無理はない。 ...
  • 私は万感の思いをこめてうなずいて、てるの微笑にこたえた。 ...
  • 会場で涙する女性の姿をステージから見ていた東風平はアーティストとしても、一人の人間としても万感の思いだったようである。 ...
  • 彼女はもはや知ることのできなくなった未知の小さな生命を、万感ばんかんの思いをこめてじっとみつめていた。 ...
  • いろいろ話したいことはあるけれど、とにかく今は万感ばんかんの思いを込めて、たった一言だけ口にした。 ...
  • 山下作品の「花」には、登場人物の万感の思いがこめられている。 ...
  • 「そう、合計九千八百二十六着」 万感の思いで、リサは答えた。 ...
  • 何の抑揚もなく、1880万と読み上げるのを康子は万感の思いで聞いていた。 ...
  • 冷淡れいたんなわけではなかったが、同時に万感ばんかんの思いも、すがるような声色こわいろもない。 ...
  • 次へ