万感のうち

3 の例文 (0.00 秒)
  • ただ、はっきりいえることは、その朝四月の初め、美保ノ関を離れた船上における父皇の万感のうちには、瓊子のおもかげも、ふとお胸にはかんでいたにちがいあるまいということだけだ。 ...
  • 万感のうちに、彼は肌着をつけ、上着、麻裃あさかみしもまで、すべてをまとい、同時に、何か心がすわったような重厚感を自分の肚に覚えた。 ...
  • すでに、利家の眼と、秀吉の眼とは、遠くから、み交わしつつ、北ノ庄陥落の一別以来を、万感のうちに、語り合っていた。 ...