万感

全て 名詞
274 の例文 (0.01 秒)
  • 女はたった一言の言葉に万感の想いを託すが、たいてい男には通じない。 ...
  • おなじ本を万感の思いで手にした、と指や目がちゃんと知っている。 ...
  • 僕としても『頑張がんばって下さい』と万感の思いではげますしか道はなかった。 ...
  • 処世の知恵を伝える短いフレーズの中に、万感の思いがこめられている。 ...
  • 「無事だったのね」 万感の思いをこめて、あたしはジェフに声をかけた。 ...
  • あの、迫るような父のまなざしの中には、万感の思いがこめられていたのだ。 ...
  • 「元気ニ」 の一言に、彼は万感の思いを託したのではないだろうか。 ...
  • 私は体の休まるとともに、万感胸に迫って、涙は意気地なく頬を湿らした。 ...
  • 二人は万感が一気に込み上げてきたらしく手を取り合ったまま言葉を失ってしまった。 ...
  • 小林軍医長は万感胸に迫る思いでしばらくそれを眺めていたという。 ...
  • たった今、歴史を背負ったような万感の思いを味わっているのだろう。 ...
  • たとい言いきっても、なお万感の思いが残るのが信仰や恋愛の実相であろう。 ...
  • 女、五年間そんな事をされた覚ない故、万感交々で、涙が出そうになった。 ...
  • 勝敗という軍人の負う宿命を噛みしめ、万感こみ上げていたのであろう。 ...
  • しかし、万感胸にせまって、何を話していいのか、わからなかった。 ...
  • 即座に万感の思いが胸によみがえってきたのも無理はない。 ...
  • 私は万感の思いをこめてうなずいて、てるの微笑にこたえた。 ...
  • 次へ