万年青

113 の例文 (0.01 秒)
  • 例の万年青おもとや兎とおなじわけで、理窟も何もあったものじゃありません。 ...
  • 元禄から享保年間の書物には斑入りの万年青が掲載されたものがある。 ...
  • 芸とは、万年青における葉の状態や葉姿、柄などの特徴の総称をいう用語。 ...
  • それでやはり不用意に写して置いた庭の万年青の写生画一枚を上げた。 ...
  • 万年青栽培の歴史は三百数十年とも四百年以上とも言われる。 ...
  • 先年、小説に万年青の鉢と書いたら、誤植されて、万年筆になっていた。 ...
  • 万年青の葉芸は変化の幅が広く、薄く広い本来の葉の姿とは似つかないものも多い。 ...
  • 広口の花器にたっぷり張られた水へ、青々とした万年青の葉が挿される。 ...
  • ヨーロッパでは花を楽しむものとされていたが、日本では万年青などと同様に葉の美しさを楽しむようになった。 ...
  • この年江戸市中には万年青おもとの変り種をもてあそぶことが流行した。 ...
  • 万年青おもとの緑はたった今、打ち水をした後のようにしっとりと鮮やかだった。 ...
  • 獅子系の万年青では根も巻き込むのも特徴の一つである。 ...
  • 以降に万年青に見られるさまざまな観賞点を大まかに挙げる。 ...
  • 古くは徳川家康が江戸城へ入る時、家臣の中に万年青を献上したものがいるとも伝えられる。 ...
  • くうた事のないのは杉の実と万年青おもとの実位である。 ...
  • ただ、青いものは室の中の一鉢の万年青おもときりだった。 ...
  • 塀の下から、野ほうずに伸びた万年青おもとの葉が飛び出している。 ...
  • 理髪店の店さきには、朝日の光がさわやかに、万年青おもとの鉢を洗つてゐる。
  • これらの品種を含む古典園芸植物としての万年青は現在も多くの品種が栽培されている。 ...
  • 朝顔への熱は冷め、多くの園芸愛好家の関心は子万年青や松葉蘭に移っていった。 ...
  • その窓の障子が一尺ばかり明いていて、卵の殻を伏せた万年青おもとの鉢が見えている。 ...
  • その窓の障子が一尺ばかり明いてゐて、卵の殻を伏せた万年青おもとの鉢が見えてゐる。 ...
  • 芸や柄の名称は、むしろ万年青における名称が流用されている。 ...
  • 邸を出る前までたしかに居間の文机ふづくえの上に置いたことはわかっているのだが、なにしろ朝の時間は万年青で夢中になる習慣なので、置き忘れて来たものか持って出たものか、その辺のところがはっきりしない。 ...
  • 一つは丸い小い葉で、一つは万年青おもとのような広い長い葉で、今一つは蘭のような狭い長い葉が垂れて居る。 ...
  • 白い柵の中に青い万年青おもとが伸びている。 ...
  • この間も原の御母おっかさんが来て、まああなたほど気楽な方はない、いつ来て見ても万年青おもとの葉ばかり丹念に洗っているってね。 ...
  • 万年青流行のことは当時の俗謡大津絵おおつえにもうたわれている。
  • 次のページ