七草がゆ

全て 名詞
23 の例文 (0.00 秒)
  • なお、コオニタビラコは春の七草の「ほとけのざ」のことなので、混同されてオニタビラコも七草がゆに使われることがある。 ...
  • 正月七日に七草がゆを食べて祝う行事、または、そのかゆにいれる野草をもいうが、この日に七種類の若菜を、あつものにして禁中にたてまつることは、平安時代初期にはじまったらしい。 ...
  • 春の七草でよばれるオギョウ/ゴギョウは、幼苗のロゼットの部分を摘んで、他の具材とともに七草がゆに用いる。 ...
  • thumb|right|220px|七草粥 七草がゆ・七草粥・七種粥とは、人日の節句の朝に食べられている日本の行事食である。 ...
  • 郷土料理として、千葉県の房総丘陵にある長南町や利根川流域の栄町などでは、正月7日の七草がゆのかわりに菜飯が食べられ、静岡県中山間の岡部や、和歌山県の熊野灘に面した那智勝浦町、富山県新川地方の魚津市などでは、初秋から初冬の食べ物とされる。 ...