一見荒唐無稽

7 の例文 (0.00 秒)
  • 一見荒唐無稽のようではあるが、土着の怪奇話にはよくあるパターンだ。 ...
  • 渡辺のこの考え方は一見荒唐無稽にも思える。 ...
  • これならば、催眠電波のようなものを使ったという、一見荒唐無稽な仮説も成り立つかも知れない。 ...
  • ブラヴァツキー自身が残したメモや日記、周囲の人びとに語ったことがら、親族など近しい人びとの証言などが再構成され一般にも流布しているが、相互に矛盾が多く、一見荒唐無稽とも思われる事件の連続であり、真偽については議論を呼んできた。 ...
  • われわれが一見荒唐無稽なこの物語に共感を抱くとすれば、正に、われわれもまた確乎かくこ不動の現實に自足することのできない時代に生きてゐることを、自ら發見してゐるのである。
  • 一見荒唐無稽とも取れるロシアの主張だが、ヤルタ会談における極東密約により、アメリカの大統領とイギリスの首相が日ソ中立条約の破棄および北方領土の領有に対して正当性を担保しているので、ソ連の対日参戦が不法な宣戦布告であると簡単には一蹴できない点に留意されたい。 ...