一縷

全て 名詞
559 の例文 (0.00 秒)
  • この男たちのさむらい魂に、最後の一縷いちるの望みをかけたことを悔いた。 ...
  • つまり雨宮さんの新しい幸福の獲得法に一縷いちるの光明を与えてくれた人でもある。 ...
  • 僕としては一縷いちるの希望をもってこの書物を結びたかった。 ...
  • そうではなくって、意外にもまた一縷いちるの希望が萌して来たからでございます。 ...
  • 一縷いちるの望みであったストーンズのライブも睡魔のために見逃してしまった。 ...
  • 草庵はしかし、そのどこかに、一縷の金殿との対比記憶を残してゐる。 ...
  • 何か生きて日本の女の生活のなかに今日も一縷のつながりをもってつたわっている。 ...
  • はいってゆく時には一縷いちるの希望を持っていたが、出て来る時には深い絶望をいだいていた。 ...
  • 何かしら心の隅に一縷いちるの望みが残っているような気がした。 ...
  • 一縷いちるの望みは、ヤースナがベオグラードに止まっていてくれることだった。 ...
  • なにか彼女の知らない事情で動いている味方の艦隊ビュールだという、一縷の望みは潰えた。 ...
  • よもやと信じた一縷いちるの望みも、今はむなしく粉砕されてしまったのだ。
  • それはこの世にまだ一縷いちるの望みを抱いているからさ。 ...
  • どうか間違いであってくれと一縷の望みを託して彼はこの場に駆け付けてきたのである。 ...
  • 想いを守る一縷いちるの望みとして、曖昧あいまいな答えに救いを求めて、彼女はたずねた。 ...
  • この際それが一縷の望みなのだが、それとても実にはかない安心。 ...
  • ここに至って今まで私の抱いていた一縷の希望のぞみもプッツリと断ちきれてしまったのである。 ...
  • 次へ