一縷の糸

11 の例文 (0.00 秒)
  • なぜなら、それが巨大な像を構成するための、いくつもの断片をむすぶ一縷いちるの糸であるような気がしてならなかったからである。 ...
  • 一縷の糸につながって極楽へゆくという話。 ...
  • 生と死の間の懸崖に、彼女の細き命は一縷いちるの糸に依つて懸つてゐた。 ...
  • 生と死の間の懸崖けんがいに、彼女の細き命は一縷いちるの糸にって懸っていた。 ...
  • 一縷の糸に一度シャッキリ鋏が入れられでもすると、もう糸を切られたと絶望して、もっていた手を諦めてはなしてしまいますから。 ...
  • それはお雪の性質の如何いかんに係らず、窓の外の人通りと、窓の内のお雪との間には、互に融和すべき一の糸のつながれていることである。 ...
  • 柏木かしわぎを知ってから鶴川をいくらか疎略そりゃくにしていた私であったが、失って今更わかることは、私と明るい昼の世界とをつなぐ一縷いちるの糸が、彼の死によって絶たれてしまったということであった。 ...
  • 極楽ではないにきまっているけれども一縷の糸もなきにはまさります、その一縷の糸にいろんな名の人がつながって極楽へ行けた云いつたえを信ずればね。 ...
  • 而して彼は、此一挙が平氏政府の命運を繋ぎたる一縷の糸を切断せしを知らざる也。 ...
  • 河を隔てて隠れに白くく筋の、一縷いちるの糸となってけむりに入るは、立ちのぼる朝日影にひづめちりを揚げて、けさアーサーが円卓の騎士と共に北のかたへと飛ばせたる本道である。 ...