一縷の希望

86 の例文 (0.00 秒)
  • だが、一分また一分と時間がたってその一縷の希望もうすれてしまった。 ...
  • 父の目には、こんな子にさへ一縷の希望を繋いで死んで行つてくれた。 ...
  • この一の希望を持って、左門は、尚も刀箱を見据えているのであった。 ...
  • 統帥がいれば脱出に成功するのではとの一縷の希望を抱いていたからである。 ...
  • さうではなくつて、意外にも又一縷の希望が萌して来たからでございます。 ...
  • そうではなくって、意外にもまた一縷いちるの希望が萌して来たからでございます。 ...
  • はいってゆく時には一縷いちるの希望を持っていたが、出て来る時には深い絶望をいだいていた。 ...
  • ここに至って今まで私の抱いていた一縷の希望のぞみもプッツリと断ちきれてしまったのである。 ...
  • はいってゆく時には、一縷いちるの希望をもっていたが、出てくる時には深い絶望をいだいていた。 ...
  • 最終的に自分が死に行くことを受け入れるが、同時に一縷の希望も捨てきれない場合もある。 ...
  • ここに一縷いちるの希望は消えて、絶望が確定したのである。 ...
  • この考えは一縷の希望として秘めて置いたのだった。 ...
  • あるいは予が出した結論けつろんが何かの考えちがいかもしれぬという、一縷いちる希望きぼうもあった。
  • 一縷いちるの希望にすがりながらも、鰊業者や漁師たちはこう考えざるを得なかった。 ...
  • 一縷いちるの希望をたくして地図を見せると、女の子はあからさまにイヤそうな顔をした。 ...
  • さて、事情がこういうふうに好転すると、一同の心にはまた一縷の希望が萌して来た。 ...
  • 本部はそこに一縷いちるの希望を託して、彼女に協力を求めた。 ...
  • 次へ