一縷の光明

19 の例文 (0.00 秒)
  • つまり雨宮さんの新しい幸福の獲得法に一縷いちるの光明を与えてくれた人でもある。 ...
  • 最近になって意外な方面において、この物語の説明に対して一縷いちるの光明を投げかけるような事件が起こったのです。 ...
  • といってもいままでのところは頭のなかで思索しさくしていただけであったが、そのとき前述のごとく実験室の机上きじょうから、偶然ぐうぜんにも一縷いちるの光明がこの問題を照らしはじめたのである。 ...
  • それでもとにかく再びそれがめぐりくると考えるだけでも、私の囚われの生活の暗い面に一縷いちるの光明がさしてくるのは事実だった。 ...
  • いったんこの一縷いちるの光明を見出すと、わたしのとるべき道はすみずみまで明らかになった。 ...
  • そして、例のタイプライターを使おうと思えば使えたはずの人間の表を作ろうとしたが、一縷いちるの光明すら彼は得られなかった。 ...
  • そうしたことを考えると、一旦は気負ってみたものの、前途には依然として一縷いちるの光明もないことに気づかねばならなかった。 ...
  • 一縷いちるの光明がさしたのは、失神している場合ではないと気を取り直して、再びコールした一本の電話です。 ...
  • 一縷いちるの光明を見出したような気がした。
  • 兵馬は計らずして、かたき行方ゆくえ一縷いちるの光明を認めたと共に、思い設けぬ富有の身となりました。 ...
  • それに一縷の光明を求めて元気を出して焚火を始めた。 ...
  • 郁次郎の刑される明けの鐘は、郁次郎の生命に一縷いちるの光明を投げた黎明れいめいの鐘となった。 ...
  • もし果してさるものありとせば、しこの身自由となりし時、所有あらゆる不幸不遇の人をも吸収して、彼らに一縷いちるの光明を授けんこと、あながちにかたからざるべしとは、当時の妾が感想なりき。 ...
  • 無視されたようでもあり、いたわられたようにも受取れて六郎太はいよいよ身を固くして坐りつづけたが、反面、親吉の器量の大いさを感じざるを得ず、これだけの武臣数多あまた麾下きかに擁する徳川氏の将来に、たしかに一の光明を見出した。 ...
  • 随分、風変りにも程があるが、無理矢理出家してしまったればこそ、いまだ若僧の身分ではあるが、法の道の深さありがたさは身にしみじみと滲みわたり今やようやく前途一縷の光明をさえみいだすことができそうになっているではないか。 ...
  • 折角、臥薪嘗胆がしんしょうたんして、含月荘の怪殿に入りこみ、女の指をあつめる奇怪な国家老のあることを見届け、さらに、怪女性玉枝の仮面までをぎかけて、さしもの難事件に一縷いちるの光明を見たと欣んだのもつかの間であった。 ...
  • 絶望的だった状況に、一縷の光明が射す。 ...