一縷の光り

3 の例文 (0.00 秒)
  • けれども、みのるは矢つ張りその一の光りをいつまでも追つてゐたかつた。 ...
  • こういう幼年時代の暗い荒々しい境遇の中でゴーリキイの敏感な心に一縷の光りと美の感情を吹きこんだのは、祖母アクリーナの一種独特な存在であった。 ...
  • 「出來上つた作品はそれほど絶望的ではなく、ごく細い一縷いちるの光りが、最後に天窓からし入つてくる」、 と三島は『裸體と衣裳いしやう』の同じ日の項で述べている。 ...