一縷ののぞみ

11 の例文 (0.00 秒)
  • だが、その時分にはまだ、一同の胸にも一ののぞみが残っていた。 ...
  • またガークは、私たちにとって一縷いちるののぞみは彼の一族のもとにたどりつくことだといった。 ...
  • この今になりましても未だ、一縷いちるののぞみをつないでおきたい気が、心のどこかに残っているのをかくせないのでございます。 ...
  • なおも赤兵衛は一縷いちるののぞみを捨てきれずにいただけに、よわいが十もけ果てるほどに落胆した。 ...
  • では、盲人として生きてみようかと思ったとき、新之丞は、それまで一縷いちるののぞみにひかれてとかく外にむかいがちだった心が、深く沈潜して内側にむいたのを感じたのだった。 ...
  • 犯人のいう前から三台目は、うしろから数えても三台目であるのだが、彼の意に逆らわず、吉展の無事な帰りに一縷いちるののぞみをかけている母親は、無意識のうちに前から一、二、三と目で追って、三台目の荷台に近づいた。 ...
  • 怪しい車の正体を、その鑑札番号からつきとめようとしても、たいがいは、あてがはずれるものなのだが、それでも、一縷いちるののぞみがないではない。 ...
  • その一縷いちるののぞみを、信次郎は信じたかった。 ...
  • 大頭で、ひょろひょろと背が高く、どうしようもなくメランコリックな五十六世紀人の一団は、それでもかすかな、一縷いちるののぞみにむかって、あえてこのたよりない旅を挙行しようとする意欲をもった中核的な人々によってみちびかれており、リュウはその中の一人だった。 ...
  • 一縷いちるののぞみはふっと断ち切れた。 ...