一笑に付す

全て 名詞
51 の例文 (0.00 秒)
  • そして三団体のほかの理事のなかには、彼の憤激ぶりを一笑に付す者がゐた。 ...
  • 彼の声はあまりに重たげで、私はそれを一笑いっしょうすことがどうしてもできなかった。 ...
  • だが、もしイタリア語だったとしても、誰もが一笑に付す話だろう。 ...
  • 中大兄は、新羅は唐の手先ではないかと、そんな考えを一笑に付すだろう。 ...
  • だが、処女膜信仰などというものとは無縁の考え方をしていた私としては、一笑に付す話だった。 ...
  • 中にはそういう動物たちを「レベルの低い連中だから、事の善悪がわからないのさ」と言って一笑に付す人もあるだろう。 ...
  • けれども今度の工場長はそれを一笑に付すのだった。
  • 神崎の言葉を、なぜか一笑に付す気にはなれなかった。 ...
  • 彼女は、賢一が「まさかそんなことはないだろう」と、一笑に付すような態度に出ると予想していたのだ。 ...
  • 娼婦相手に本気になるはずがないとホフマンは一笑に付す。 ...
  • ふだんは予感など一笑に付すスポックだが、不思議なことに今度だけはなぜかそんな気になれない。 ...
  • 既得権にしがみつく僧侶は、あり得ることかと一笑に付すであろう。 ...
  • そういう意味ではフレデリックは、語り継がれるあらゆる不可思議に興味を持っていたし、妖精を見たという他人の話を一笑に付すような人物ではなかった。 ...
  • だがピンカートンは、この結婚も一時の愛だとシャープレスの危惧を一笑に付すのであった。 ...
  • 女友達のいくたりかが、それとなくこの話をしかけても、夫人は一笑に付すばかりだった。 ...
  • 彼の考え方は単なる空想として一笑に付すわけにはゆかぬ説得力があり、話を聞いているうちに、丹那自身がなかばその気になっていた。
  • ウソだと一笑に付す気にはなれなかった。 ...
  • 次へ