一矢報いる

61 の例文 (0.00 秒)
  • チームのエースを失ったマブスはその後一矢報いるも2勝4敗で敗れた。 ...
  • 新人選手全体で見てもこの年の最高リザルトを獲得し、一矢報いる結果を残した。 ...
  • 最終節の浦和レッズ戦に勝利し一矢報いるも天皇杯終了後に退任した。 ...
  • 対藤井戦では7連敗と苦戦していたが、一矢報いることとなった。 ...
  • そのため、石井に助太刀して鳩山系の岸に一矢報いることを考えていたのである。 ...
  • 武道を愚弄ぐろうし、悪事に利用しようとする連中に一矢報いるために。 ...
  • 敵一族に一矢報いる刃になっただろう。 ...
  • その頃、スチュワートはテディに一矢報いる機会を虎視眈々と窺っていた。 ...
  • 一矢報いっしむくいることはできないものでしょうか。 ...
  • そなたに一矢報いるのがわたくしの務めと心得ております。 ...
  • ルーズベルトも大統領への返り咲きはならなかったものの、タフトに対い一矢報いることにはなった。 ...
  • パリに到達した彼らは随所に火を放ち、ベルニエールは王ルイに一矢報いることに成功した。 ...
  • これがここまで大会1失点のGKホープ・ソロの牙城を破って一矢報いる形となった。 ...
  • 「社会から外れてしまった人が一矢報いる」というような作品に救われたような感じがあり、作品にもそういうものに惹かれるという。 ...
  • もちろん、アイラの身に万が一のことがあれば、かなわぬまでも一矢いっし報いる覚悟だった。 ...
  • 一方でセバスチャン・ベッテルは2位でフィニッシュとなり優勝して一矢報いることはできなかった。 ...
  • 頼通は表面上は整理令を受け入れつつも、天皇に自己の荘園の中核を認めさせたという点では、頼通が政治的には一矢報いる形となったのである。 ...
  • バルジの戦いがそうであった様にやがては連合軍に押し返されたものの、RSI軍は設立から1年で連合軍に一矢報いる結果を残した。 ...
  • ガイアは鎌を用意して子供たちに渡し、一矢報いる策略を練った。 ...
  • 「マイノリティがマジョリティに一矢報いる」というテーマを自分の中に持っており、フリーランスになった時にはっきり意識して言葉にできるようになった。 ...
  • 新田官軍の実戦参加は結局これのみだったが、徳川幕府滅亡の時にあたって幕府に一矢報いることができた形となった。 ...
  • またブランクが多く、ルドルフよりも順調に使うことが出来なかったことが悔やまれるとし、「最強馬に一矢報いるだけの実力はあった、と今でも思っているよ」と述べている。 ...
  • ラロは次第にガスとの対立を深め、マイクに逮捕を仕組まれるものの、ガスの店を焼き討ちさせて一矢報いる。 ...
  • 岸はやがて企画院事件が発生するとその責任をとって次官を辞したが、その後は軍部と結託して小林に一矢報いることに奔走。 ...
  • 岡部は一矢報いるために能力の著しく劣る馬を調教し、成績優秀者の馬に劣らぬ高いパフォーマンスを発揮させることに成功した。 ...
  • だから、一矢報いる機会がなくならない内に、さっくり1発撃たせてもらうわ。
  • したり顔で〈嫌味〉をいう井深に一矢報いるには、それがいちばん利き目があると木原は考えたのだ。 ...
  • ド・ゴール指揮下の第4機甲師団の一翼として、アベヴィル方面での反撃に参加するなど、一部で一矢報いる活躍はしたが、大部分は潰走の混乱の中で失われた。 ...
  • 次のページ