一気呵成

全て 名詞
186 の例文 (0.01 秒)
  • おれは締切日を明日みょうにちに控えた今夜、一気呵成かせいにこの小説を書こうと思う。 ...
  • 中華料理全体にいえることだが、火にかけてからは一気呵成でなければならぬ。 ...
  • 横顔はとにかく中止として今度はスケッチ板へ一気呵成いっきかせいに正面像をやってみる事にした。 ...
  • これ以上ない題材を見つけたモリエールは、一気呵成に作品を書き上げた。 ...
  • 二人とも食事の場では飲むよりは食べるのに集中する方だから、雑炊に至るまでは一気呵成だった。 ...
  • この機に乗じて、一気呵成かせいにタブーの世界に踏み込んでいきたかった。 ...
  • 彼はその東京日日新聞の社説を書くときなど、筆で一気呵成に書き上げた。 ...
  • そこでシュタイナーは、一気呵成に、次のような言葉でもって友人に訴えかけたという。 ...
  • だが、矢田部氏に至っては、一気呵成かせい、皿に残ったものをすべて平げて了った。 ...
  • 先生はそこへ坐られると、上の一枚に下部から一気呵成に岩や木や水や雲といったものをどんどんと描いていかれる。 ...
  • そして、追い立てられるようにして、一気呵成いっきかせいに書きあげたのである。 ...
  • 間もなく今度は一気呵成に書き上げてしまうことができた。 ...
  • 秀吉軍はここを一気呵成にと、加藤光泰の五百が新たに加わった。 ...
  • 一気呵成かせいに読むとはこのことであろう。 ...
  • 一気呵成かせいに事件は解決に向かっていた。
  • 瓜野くん自身の協力が得られれば、一気呵成いっきかせいの解決もあり得た。 ...
  • 一気呵成いっきかせいと云うような書方はしない。 ...
  • 次へ