一日千秋の思い

76 の例文 (0.00 秒)
  • こんな状態にある時は、援軍がくるのを一日千秋の思いで待ちつづける。 ...
  • 一日千秋の思いとは、こういうときの思いではないかとも思った。 ...
  • そしてその返事の到着とうちやくする日を、一日千秋の思いで待ちわびていたのである。 ...
  • 拙作せっさくながら私も応募させていただき、一日千秋せんしゅうの思いで待っておりました。 ...
  • 多くの残された女房たちは、援軍の訪れをまだ一日千秋の思いで待ち続けていた。 ...
  • おたがいに恋いこがれ、この夜を一日千秋の思いで待っていたふたりなのだ。 ...
  • そのような驚異的な船の完成を、わたしが一日千秋の思いで待つのも無理からぬ話ではないか! ...
  • いいか、『都』じゃ、おれたちの報告を一日千秋の思いで待ってる人々がいるんだ。 ...
  • 六月八日の終日、ある知らせを一日千秋の思いで姫路城で秀吉は待っていた。 ...
  • そして同志とともに一日千秋の思いでその報告を待った。 ...
  • 山下は応援の到着を一日千秋の思いで待っていたから、当然眠れるものではない。 ...
  • まったくどうなることかと、不安のなかに、その日を一日千秋の思いで待ちわびています。 ...
  • 野村大使以下一同首を長くして魚を召上った感想を一日千秋の思いで待っております。 ...
  • なつかしいお母さん、一日千秋の思いでご返事をお待ちしています。 ...
  • 兄が帰って来て、わたくしをジュバルから解放してくれる日を一日千秋の思いで待ちわびていたのです。 ...
  • メスにしてみれば、一刻も早く子が成長し離乳してくれないものかと一日千秋の思いだろう。 ...
  • それよりも彼は、自分が植えつけた麦が成長するのが、一日千秋の思いで待たれた。 ...
  • 次へ