一挙一動を見

15 の例文 (0.00 秒)
  • 互いに相手の一挙一動を見まもっていて、何をしているかを手にとるように知っていた。 ...
  • 一挙一動を見ていたと、ヴィンセントが語っていたことを思うと、今から冷や汗が出そうだ。
  • あんまり夢中になってルピック氏の一挙一動いっきょいちどうを見まもっているので、ほかの家族のことなど忘れてしまう。 ...
  • 淑子はまばたきもせずに、りんこの一挙一動を見て感動し続けた。 ...
  • けれども、猫でない彼は、真暗闇の中にこの私が自分の一挙一動を見ていようとは、まさか思わなかったのだ。 ...
  • じつは、君に塾内を案内してもらっていた間に、君の道江に対する態度のあまりにもよそよそしいのに気がつき、なぜだろうと思ったのがはじまりで、そのあと、ぼくはかなり注意ぶかく君の一挙一動を見まもっていたのだ。 ...
  • 眼の玉を飛びださせて中尉の一挙一動を見ながら相変らずテーブルの上にすわったまま敬礼しているミクーラーチェクの方へ、まっすぐに歩みよった。 ...
  • いらぬことを申上げたお人と、女中等は紅瞼こうけんいて、忠増の一挙一動を見まもった。 ...
  • ファム・トリンリは大量殺人者ではないし、ひねくれた性格はその愚かしい一挙一動を見ていればあきらかだ。 ...
  • つぎに今度はどこかそこらにある椅子に用心ぶかく腰をおろし、息子から目を離さずに、息子の一挙一動を見まもって、ペーチンカの機嫌のよししを推測しようとする。
  • 思いつくままに行ったり来たり、一瞬一瞬に計画を変えたり、ハエの一挙一動を見まもり、下になにがあるか見ようと岩をひっくりかえしたり、十年もかかる仕事を熱意をもってくわだてるかと思うと、十分もするとあっさりやめにする。 ...
  • 地下道の端の暗い物陰に立って、何か打つ手はないものかと懸命に頭をひねりながら、こっそり老人の一挙一動を見まもっていると、彼は金袋をとりあげて部屋の片側へ行き、腰をかがめて壁の羽目板を手でごそごそやりだした。 ...
  • さて、いよいよ祭典の準備がはじまって、孔子もはじめて大廟に入ることになったが、その日は、彼に好意を持つ者も、持たない者も、たえず彼に視線を注いで、その一挙一動を見まもっていた。 ...
  • みんな夢に見たモスクワへ着いたばかり、互いにキョロキョロ目を輝かせて、ナルホド、花の都モスクワには見たことのネエ人種もイルダベ、とこちらの一挙一動を見ている。 ...