一挙一動

418 の例文 (0.01 秒)
  • 彼はまた、自分の一挙一動が秘密を明かしていることをも理解していた。 ...
  • 自分の一挙一動に天のまなこがそそがれているような恐怖に近い心理だった。 ...
  • 死にはしなかったものの、B太は以来彼女の一挙一動におびえているのだ。 ...
  • 人と人との出会いにも、一挙一動の行為にも、いいかげんにはなれない。 ...
  • 番犬は雌犬といっしょになってぼくの一挙一動を油断なく監視していた。 ...
  • 二日続きのジガ蜂の一挙一動を観察するのにさへも私はひどく疲れた。 ...
  • なぜといえば、二者の一挙一動はことごとくその対者を決定している。 ...
  • その一挙一動に由木の監視の目が光っていたことはもちろんである。 ...
  • 父親は満足そうな顔で息子の一挙一動をじっと見つめていた。
  • そうすると一挙一動する度に髪の毛と一緒にふんわり匂いがするという。 ...
  • その一挙一動ごとに気が遠くなるというのに、気持ちが良すぎて止まれない。
  • そう、彼女の一挙一動を逃すまいと、観察しているようにさえ思えた。 ...
  • 木部はだんだん監視の目をもって葉子の一挙一動を注意するようになって来た。 ...
  • 木部はだんだん監視の眼をもって葉子の一挙一動を注意するようになってきた。 ...
  • 女の一挙一動に操られ、自分の意に反して動いてしまったと思えてならない。 ...
  • 自らの音楽センスを戦闘に取り入れており、一挙一動に演奏記号が入る。 ...
  • そして身を消しつつ、三人の鬼神アフアリートはその一挙一動も見のがしませんでした。 ...
  • 互いに相手の一挙一動を見まもっていて、何をしているかを手にとるように知っていた。 ...
  • 海底に無事着地、水中望遠鏡で船長の一挙一動が手に取るように見えた。 ...
  • 前進する鬼王丸の一挙一動を、兵たちは息を呑んでただ見つめていた。 ...
  • その一挙一動もまた不思議な力を持って胸に迫った。 ...
  • 一挙一動を二人が監視していると、またポケットから小さな銀色の箱を取り出した。 ...
  • 一人で顔を赤くしてるのも我慢するし、桜の一挙一動に目がいってしまうのも言い訳しない。 ...
  • だが、彼奴は黙っていて常に僕の一挙一動を監視しているんだ。 ...
  • 主婦と女子大生たちは私の一挙一動を背後からじっとうかがっていた。 ...
  • あのときの少女の一挙一動を思い出すだけで、僕の全身に鳥肌が立つ。 ...
  • 少女の一挙一動に少年が反応はんのうするのが、見ていて微笑ほほえましかった。 ...
  • その一挙一動を注意深く見守っていた老君は、ゆっくりうなずくとこしを上げた。
  • 次のページ