一悶着

190 の例文 (0.00 秒)
  • それに強情を張って、まず書くまえから一悶着でしたから、いよいよ重荷を感じましたね。 ...
  • フロントで、三人の客はとらないと一悶着ひともんちやくあったが、泊まりは一人なのだと説得して、ようやくかぎを手に入れた。 ...
  • しかしその女学長と過去に一悶着あったらしい冴木は、逃げるように担当を剣に指名し依頼解決を一任する。 ...
  • そして、その撮り終わったフィルムが一悶着ひともんちゃくを起こすなんてこと、想像だにしていなかったのだから。 ...
  • 母と姉の間で一悶着あったが、結局その着物は、今日の農家への使者たる哲男のリュックの中に入れられた。 ...
  • 僕の推察では、陳はそんなにカンタンに金を持って来るとは思わず、おそらくこの件では一悶着を予想していたのでしょう。 ...
  • というわけで色々と始まりから一悶着ひともんちゃくはあったが、そういう次第しだいで何とか澤村部隊による札幌さっぽろ観光がスタートした。 ...
  • 椅子の持ち主と一悶着はあったものの、2人は無事に宝石を手に入れ、同時に幸せも手にする。 ...
  • 出発の前にぼくと姉貴の間で一悶着ひともんちゃくあったことを知っているのは、もちろん、ぼくと姉貴の二人だけだった。 ...
  • こちらも君のことでモウソンの経営者と一悶着あってな。 ...
  • ここで一悶着を起こしてくれれば、翡翠片手にダッシュでトンズラするのみ。 ...
  • 市制施行の際に一悶着があったが、都市名を福岡、中央駅名を博多にすることで合意。 ...
  • 平塚は挨拶代わりの気持ちだったと弁明しているが、動揺した秀嶽と一悶着があった。 ...
  • 医者が大学も出てない労働者と結婚するなんて勿体ないとかなんとか馬鹿馬鹿しいこと言い出して一悶着ひともんちやくあったわ。 ...
  • 富十郎が「市村竹之丞」を六代目として襲名する際には一悶着あった。 ...
  • 思った通り、病院で一悶着ひともんちやくあったのだ。 ...
  • 二階の三味線はさっきから聞こえていたが、鯨井の競馬か麻雀が原因でまた一悶着あったのかもしれなかった。
  • 次へ