マハーラージャ

全て 名詞
68 の例文 (0.00 秒)
  • マハーラージャの王宮を改装したホテルで世界最大の私邸とも言われる。 ...
  • 一方でマハーラージャは、現代インドにおける用法では皇帝を意味することもある言葉である。 ...
  • といった称号が用いられ、またサンスクリット語ではマハーラージャの語が用いられた。 ...
  • その多くには、マハーラージャという語が盛り込まれており、次のような称号があった。 ...
  • 現在も元マハーラージャだったガジ・シングが所有している。 ...
  • のちにラージャの権限が拡大すると、マハーラージャが新たに用いられて、ラージャの語は貴族や有力者に用いられるなどして、一般に格は落ちた。 ...
  • エウクラティデスは自らをマハーラージャと称して、バクトリア王であると同時にインドの支配者であることを宣言した。 ...
  • イギリス統治下では、ナワーブは藩王の称号の一つであり、ニザームやマハーラージャと同様に使われた。 ...
  • 一方のインドは、加入証書へのマハーラージャの署名と共にカシミールはインドの不可欠な一部となっている。 ...
  • 中世以降になると、小規模な王たちも、自分たちは古のマハーラージャの末裔であると称し、自らマハーラージャの称号を用いるようになった。 ...
  • マハーラージャの居城「シティ・パレス」の一角に建てられたが、現在は単独した施設として公開されている。 ...
  • サンスクリット名が確認される最初のチャンパ王であり、ダルママハーラージャと称された。
  • フィリピンの各地にはかつてシュリーヴィジャヤ王国やマジャパヒト王国の支配下で地域の統治者としてマハーラージャとなった者が、その後も統治を行なった可能性がある。 ...
  • インドのネール首相は、部隊を送る準備をしたが、インドの副総督ルイス・マウントバッテン卿は、マハーラージャにインドが部隊を送る前にインドに加盟するよう助言した。 ...
  • 特にマハーラージャはマハーラートと称され、歴史上偉大な仕事を成し遂げた王に付与されたり、ラージャーディラージャはラーチャティラートと称され一部の王に名前の一部として使われた。 ...
  • 「ラージャ」など、他の多くの称号の場合と同様に、「マハーラージャ」も君主ではない貴族たちに称号として与えられることがあり、ザミーンダール階級などがその対象となった。 ...
  • ラージプーターナーの入口は、当時のジャイプル藩王国のマハーラージャが造らせた大きなジャイプルの門となっていた。 ...
  • 次へ