プロディジー

全て 名詞
36 の例文 (0.00 秒)
  • プロディジーによる2009年来日公演のサポートアクトにも選定されている。 ...
  • 曲によってはメロディーにプロディジーやAltern-8といったレイブシーンで活躍したテクノユニットの影響を受けたものがある。
  • プロディジーのスタンスはレオ・フェンダーの伝統的なデザインを踏襲しながらストラトキャスターの新たな可能性を引き出すことにあった。 ...
  • ゲストボーカルを招き、自らはターンテーブルを操作して演奏するDJスタイルは上記の2組と同じだが、フィリックス自身がボーカルをとってライブすることもあり、その点でプロディジーの演奏スタイルにも通じている。 ...
  • 当時の彼らはプロディジーやプロペラヘッズ、ケミカル・ブラザーズなどのブレイクビーツから影響を受けていたが、自分たちだけの独自の音を求めて、ミディヴァル・パンディッツとして制作を始めた。 ...
  • また、元よりトリップ・ホップというテクノとヒップホップの派生系のようなシーンがあったり、プロディジーやボム・ザ・ベースといったアーティストがデトロイト・テクノと前後して活動していたこともあり、比較的この方面へのエレクトロニカの導入はスムーズだった。 ...
  • 一見、衝動的に思われるプロディジーの諸楽曲群は、レッド・ツェッペリンの音楽さながら、緻密に計算された上で見事にクラシック的な起承転結の上に成り立っている。 ...
  • バンドの中心人物ジェームス・スミスはバンド結成以前に、「ドクター・ヴェノム」というソロ名義で、プロディジー等に影響を受けた音楽活動を行っていた。 ...
  • また、彼らはアラニス・モリセットやデフトーンズ、プロディジーとも契約したマドンナのマーベリック・レコードからの最初の成功者だった。
  • 代表的なものとしてレイヴ・アンセムとなったシングル「チャーリー」などで知られるプロディジー、「GO」のモービーなどがいる。 ...
  • これにより、同年『ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー』が5作目の1位作品となったプロディジーの記録を抜き、ダンス・アクトとして最多記録となった。 ...
  • 前作のロック色を残しつつ、プロディジーのリアム・ハウレットや、メタルバンドのイン・フレイムス、スティーヴン・ウィルソンといったビッグネームを客演に迎え、ドラムンベースの楽曲だけでなく、この時期より世界的流行を見せ始めていたEDMに分類される楽曲を盛り込んだアルバムに仕上がっている。 ...
  • そして彼の歌はオジー・オズボーン、プロディジー、マリリン・マンソン、そしてザ・フーを含む幅広いアーティストによってカバーまたはサンプリングされている。 ...
  • 後にマスクマンのプロディジーにギミックチェンジするが、程なくWWEから解雇される。 ...
  • 初期はプロディジーをはじめとして、ベルギー・テクノ、ブレイクビーツ、ドラムンベースなどダンス音楽に特化したラインアップであったが、90年代後半からはフリーク・フォーク、オルタナティヴ・ロック、ヒップホップなど他のジャンルにも手を広げ、現在の所属アーティストは多様な顔ぶれとなっている。 ...
  • フェスティバルはカントリーミュージックのスーパースター、ウェイロン・ジェニングスの参加やプロディジーなどテクノミュージシャンの参加でジャンル横断性を維持しようとしたが、1998年のヘッドライナーを見つけることができず、結局1997年の回が最後となった。 ...
  • キース・フリント- イギリスのバンド、プロディジーのシンガー兼ダンサー。 ...
  • 次へ