プロディコス

全て 名詞
24 の例文 (0.00 秒)
  • 神々は自然力を人格化したものだと主張したプロディコスは処刑された。 ...
  • ヒッピアスやプロディコス等も全員集めて話をすることになる。 ...
  • 現在、プロディコスの著作はほぼ失われ、その断片と他者からの言及だけが残されている。 ...
  • ケオスのプロディコスは「神とみなされてきたものは人間の生活に有用なものである」と考えたとされる。 ...
  • プロディコスの真髄は言語学であったにもかかわらず、そのことは後世しばしば忘れられた。 ...
  • プラトンは、体育が教育の重要な一部だと考えており、プラトンによればプロディコスが体育と健康の関係を最初に指摘したという。 ...
  • パウサニアスは、 といった旨の、プロディコスの弟子らしく言葉・概念の区別にこだわった演説を披露する。 ...
  • 体育が自身の虚弱体質に有益だと感じ、プロディコスが定式化した手法が一般に採用され、それをヒポクラテスが改良した。 ...
  • ソクラテス、プロディコスと組んで戯れただけだと弁明しつつ、話題を変え、この詩のシモニデスの意図がどこにあるか述べたいと言う。 ...
  • しかし他方で、彼をソクラテスの友人として好意的に描いてもいることから、プロディコスとソクラテスの間には親和性や関心があったことが伺える。 ...
  • 紀元前5世紀のヘロドトスとプロディコスも同様の主張をしており、このような考え方は紀元前320年頃の小説家で、ギリシア神話の神々は人間の伝説が変化したものと主張したエウヘメロスにちなみエウヘメリズムという。 ...
  • ソクラテス、プロディコスに話しかけ、詩の「困難」の意味は「恐ろしい」「悪い」の意味であり、「優れた人であることは困難だ」という言葉は「優れた人であることは悪い」と言う意味なのだと述べる。 ...
  • プロディコスはエーゲ海のケオス島に生まれ、外交使節としてアテナイにやってきた。 ...
  • ソクラテスの影響を受ける以前は、ゴルギアスやヒッピアス、プロディコスといったソフィストのもとで修辞学などを学んだとされる。 ...
  • ヒッピアスは、最初のソフィストであるプロタゴラスやプロディコスと、ソフィストの名前を貶めたおびただしい論客たちとを結ぶリンクを作ったのだった。 ...
  • また『スーダ辞典』では、プロディコスは言語学者ではなく「自然哲学者ならびにソフィスト」として記載されている。 ...
  • 古代ギリシア時代には、シモーニデースとその甥バッキュリデース、ソフィストのプロディコスの出身地として知られる。 ...
  • 次へ