フィージブルサクセサ

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • その後サクセサが障害状態になり、他のフィージブルサクセサが存在しないとする。 ...
  • したがって、サクセサであれば必ずフィージブルサクセサでもある。 ...
  • フィージブルサクセサはサクセサと同じ送信先への経路を提供できるが、距離が長い。 ...
  • さらにその後、距離が12に増加したが、サクセサとフィージブルサクセサはそのままだとする。 ...
  • そういう意味では、到達可能な1つの送信先には常に1つのサクセサがあるが、フィージブルサクセサは存在しない場合があることになる。 ...
  • フィージブルサクセサもトポロジテーブルに記録される。 ...
  • しかし、EIGRPを解説した文書では「フィージブルサクセサ」はループフリーの経路を持っているがサクセサではないルーターだけを指すとされていることが多い。 ...
  • フィージブルサクセサは、サクセサまたはサクセサとのリンクに障害が発生した場合のバックアップ経路を提供する。 ...
  • サクセサとフィージブルサクセサは送信先までのループフリーな経路を持つことを保証されており、そのためにフィージビリティコンディションを使う。 ...
  • なお、ある送信先のサクセサがフィージビリティコンディションを満たさなくなっても、フィージブルサクセサがある場合はフィージブルサクセサのうちトータルの距離が最小のものを新たなサクセサに選ぶので、パッシブ状態のままとなる。 ...
  • 不等コスト負荷分散を行う場合、フィージブルサクセサは負荷分散された送信先のルーティングテーブルで次のホップとして使われる。 ...
  • デフォルトでは、1つの送信先のサクセサおよびフィージブルサクセサをルーティングテーブルに格納できる個数は4個に制限されている。 ...
  • ルーターはいつでも警告なしにパケットをサクセサまたはフィージブルサクセサ経由で「パッシブ」な送信先に送信でき、そのパケットが適切に転送されることを期待できる。 ...
  • サクセサがフィージビリティコンディションを満たさなくなり、かつフィージブルサクセサがない場合、その送信先はアクティブ状態とされる。 ...