ファラフェル

全て 名詞
30 の例文 (0.00 秒)
  • と呼ばれる料理やファラフェルもまた非常に一般的な料理である。 ...
  • ファラフェルについてはユダヤ人もアラブ人も食べ方に違いはない。 ...
  • ファラフェルはエジプトの国民食でもあり、朝昼夜を通していつでも食される。 ...
  • コプト正教の祝日にコプト教徒はファラフェルを大量に作って友人や近隣の住民に配る習慣がある。 ...
  • そら豆を入れた方がファラフェルがしっとりするという。 ...
  • イスラエルの建国当時、国外からの移民が集中した時、国内で深刻な肉不足が起こり、安価で蛋白質が豊富なファラフェルは国民の貴重な蛋白源となった。 ...
  • その20年後には、同様にケバブやファラフェルの小規模レストランの名物料理として人気が高まっている。 ...
  • シリア料理とは酷似しており、隣国の料理ともファラフェルやフムスなどレバノン料理と共通した料理が多くある。 ...
  • また、左記の飲食店において、ファラフェルだけではなくシュワルマやシュニッツェルなどもメニューとされていることが多い。 ...
  • 中が空洞のポケット状になっているところから、英語ではポケットパンなど様々なソース類をすくって食べたり、中にスブラキやケバブ、ファラフェルなど野菜や肉、豆類などの具材を挟みいれたサンドイッチとして食べる。 ...
  • 中東でよく食べられるヒヨコマメやソラマメの揚げ物ファラフェルや、イタリアのファルファーレというパスタとは名前が似ているだけで無関係である。 ...
  • ヒヨコマメと共に、中東のファラフェルの材料になる。 ...
  • かつてイスラエルの建国当時、国外からの移民にこのソラマメ中毒が多発し、死に至ることもあったため、イスラエルではそら豆の入ったファラフェルは作られなくなった。 ...
  • トルコやアラブからの移民労働者はベルリンに伝統的な料理をもたらし、ドネルケバブやファラフェル、ラフマージュンはカリー・ヴルストと並んでベルリンのファーストフードの基本になって来ている。 ...
  • 欧米ではマシュリク式のひよこ豆のファラフェルが最もよく知られており、エジプトから東地中海沿岸、アラビア半島南部、イランまで広い地域で愛されている食べ物である。 ...
  • このほか、レバノン料理のファラフェルなどの中東のスナック、あるいは中華の点心などを扱う移民系の屋台も見られる。 ...
  • これにより、ケバブ、ファラフェル、シャワルマや他のハラールフードがストリートフードとして非常に人気である。 ...
  • 次へ