ハッと息を飲む

18 の例文 (0.00 秒)
  • 隅の席に、ポツンと座るその少女に、全員がハッと息を飲む気配がした。 ...
  • 横にいたベトナム人職員のマイさんが、ハッと息を飲む気配がした。 ...
  • ハッと息を飲んで、それで優子はやっと、自分が呼吸を止めていたことに気づいた。 ...
  • そのとき、向こうの木陰に立っている一人の男に気づいたルイーズは、ハッと息を飲んだ。 ...
  • その顔には何かしら余裕のようなものがあり、美音子はそれを認めた瞬間、ハッと息を飲んだ。
  • そして、腹の部分が表われた時、彼女はハッと息を飲んだ。 ...
  • 僕は思わずハッと息を飲んだ。 ...
  • 男たちがハッと息を飲んだ。 ...
  • アスナは一瞬そちらに視線を取られてから、京子の横顔を見直して、ハッと息を飲んだ。 ...
  • そこで私は、ハッと息を飲んだ。 ...
  • それが、ハッと息を飲む音とともにとだえ、アカーマンは彼女の精神遮蔽がサッとおりるのを感じた。 ...
  • 「ここのおウチが、ほら、有名な政治家の」 助手席に坐っていた私は、後部座席のお母さまに説明しようとして、思わず、ハッと息を飲んだ。 ...
  • ハッと息を飲むと、耳を澄ませ、階下の気配を探る。 ...
  • 優子はハッと息を飲んだ。 ...
  • 忠志はハッと息を飲んだ。 ...
  • 由佳理はそこで、ハッと息を飲んだ。 ...
  • 優子はそこで、ハッと息を飲んだ。 ...