ノーリーズン

全て 名詞
25 の例文 (0.00 秒)
  • 勝ったのは好位から抜け出した15番人気のノーリーズンであった。 ...
  • ダッシュたぬきちは、かつてノーリーズンで活動していたお笑いコンビ。
  • ランナァズハイは、かつてノーリーズンで活動していたお笑いトリオ。
  • なお、2008年にノーリーズンとの交配を行なったが不受胎に終わったため、繁殖牝馬からも引退した。 ...
  • 同年の牡馬クラシック戦線は混戦状態だったが、そこから一歩抜け出したのはノーリーズンだった。 ...
  • レースはスタート直後に1番人気ノーリーズンに騎乗していた武豊が落馬するという大波乱で幕を開けた。 ...
  • 馬を正面から映したパトロール映像では、ノーリーズンはスタート直後に前のめりにつまずいており、また武騎手も落馬した直後に再び騎乗しようとする姿を見ることができる。 ...
  • 休養をはさんで迎えた秋競馬、初戦の神戸新聞杯では皐月賞優勝馬ノーリーズンを寄せ付けずに優勝。 ...
  • 皐月賞の勝利によって、引き続き東京優駿でノーリーズンへの騎乗を依頼され、短期免許の期間を延長したが、香港で財産分与のトラブルに巻き込まれたとして4月27日からの騎乗を急遽キャンセルし、そのまま帰国。 ...
  • ノーリーズンはトライアルの神戸新聞杯で東京優駿3着のシンボリクリスエスに敗れたものの、シンボリクリスエスは菊花賞ではなく天皇賞に回った為、骨折からの復活が期待され1番人気に支持された。 ...
  • なお、武騎手は2008年のエリザベス女王杯でポルトフィーノに騎乗したときもスタート直後に落馬しており、ノーリーズンの落馬と絡めて再び揶揄されることになってしまった。 ...
  • その後は勝利を重ね、4月14日の第62回皐月賞において、単勝15番人気だったノーリーズンで勝利し、中央競馬のGI初騎乗で初勝利を挙げた。 ...
  • 半姉にヤマニンパラダイスの母Althea、ノーリーズンの祖母Barada、グリーンデザートの祖母Foreign Courierなど、牝系からは多くの活躍馬が出ている。
  • ノーリーズンは日本の競走馬、種牡馬である。
  • 日本で競走・繁殖生活を送ったアメリカンファミリーの競走馬の代表例に、ヤマニンパラダイスやタカエノカオリ、タカオー・ノーリーズン・トランセンド・ストロングリターンなどがいる。 ...
  • スタート直後に1番人気ノーリーズン鞍上の武豊が落馬するという波乱の展開の中、直線早めに抜け出したものの、叩き合いになったヒシミラクルと外を急襲したファストタテヤマに差し切られ3着であった。 ...
  • ディープインパクト|thumb|200px その後もノーリーズン、ゴールドアリュールといったGI優勝馬を管理、2005年にはディープインパクトが史上6頭目のクラシック三冠を達成した。 ...
  • 次へ