ノーリスペクト

全て 名詞
21 の例文 (0.00 秒)
  • ノーリスペクトの名前の由来は、自分たち以外にこの世で敬意を払うものはいないことから。 ...
  • 後にノーリスペクトとしてキン肉星の兵隊の中でも金になる将校だけを狙い152人も惨殺し、数は少ないながらもその実力からハンゾウに恐れられていた。 ...
  • 作中ではキン肉万太郎の火事場のクソ力修練の相手となるノーリスペクト最後の刺客として登場。 ...
  • ノーリスペクト最後の一人ボーン・コールドによって、ようやく出会えた実父ミンチを目の前で惨殺され、危機に陥ることもあった。 ...
  • ノーリスペクトの中では一番の実力を誇る。 ...
  • キン肉星に攻め入ったノーリスペクトの一人・ハンゾウと対峙するが、ニンジャは心の奥底にある恐怖心から部隊の先陣を切らなかったため、愛弟子のコクモを殺された。 ...
  • 詳細はノーリスペクトを参照。 ...
  • 火事場のクソ力修練編では万太郎との戦いで清々しさを感じ取った彼は、自分を破った万太郎の強さを確かめるために北海道・網走で行われたノーリスペクトの1人・フォーク・ザ・ジャイアント戦に現れる。 ...
  • 対戦相手となるノーリスペクトとの闘いを嫌がる万太郎だったが、スグルの檄により彼らを自分の手で地球に送り込み、闘いを開始する。 ...
  • 火事場のクソ力修練編では北海道駐屯超人として、同地に現れたノーリスペクトの一人、フォーク・ザ・ジャイアントを拘束していた。 ...
  • そのまま指名手配犯となり追っ手を惨殺、他の2人の仲間ノーリスペクトを結成しキン肉星の兵隊を203人も惨殺する。 ...
  • この頃、WARを退団した冬木弘道、邪道、外道が参戦して金村、雁之助らとユニット「チーム・ノーリスペクト」を結成してFMWの歴史上でも最も存在感の大きなヒール軍になった。 ...
  • 大仁田厚引退以降の新生FMWには継続参戦し、ハヤブサとのタッグではチームノーリスペクトのミスター雁之助&金村ゆきひろ組と、シングルでは雁之助との長期間にわたる抗争を続けた。
  • ノーリスペクト随一の巨体であるが、身軽である。 ...
  • そして月日が流れ、ノーリスペクトはキン肉スグルの息子・万太郎の火事場のクソ力修練の刺客として一時的に釈放。 ...
  • ノーリスペクトは、ゆでたまごの漫画『キン肉マンII世』に登場する架空の人物、 の3人を指す総称。
  • 後にフォーク・ザ・ジャイアント、ボーン・コールドとノーリスペクトを結成し、キン肉星の兵隊を295人も惨殺する。 ...
  • 次へ