トンネル磁気抵抗効果

全て 名詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • 今日では巨大磁気抵抗効果やトンネル磁気抵抗効果が発見されている。 ...
  • 情報の読み出しには、電磁誘導や巨大磁気抵抗効果 、ごく最近になってトンネル磁気抵抗効果 が利用されている。 ...
  • 例えば、カーボンナノチューブを使ったものや、トンネル磁気抵抗効果を使ったMRAMがある。 ...
  • トンネル磁気抵抗効果とは、磁気トンネル接合素子において絶縁体を挟んでいる二層の強磁性体の磁化の向きによって電気抵抗が変化する現象であり、TMR効果とも呼ばれる。 ...
  • 磁気抵抗RAMは1995年ごろから実用化研究が進んでいる不揮発性メモリで、トンネル磁気抵抗効果と呼ばれる現象を応用している。 ...
  • 従来より超伝導量子干渉素子を利用して心磁図のデータの取得が行われてきたが、近年では極低温での冷却の不要なトンネル磁気抵抗効果素子や光ポンピング磁力計やGSRセンサ、フラックスゲート磁力計 による心磁界の計測法が開発されつつある。 ...
  • MRヘッドにはさらに高感度な巨大磁気抵抗効果を利用したGMRヘッドや、GMRヘッドよりも高感度なトンネル磁気抵抗効果を利用したTMRヘッドといった物が開発され、現在ではTMRヘッドが主流となっている。 ...
  • 強磁性体/絶縁体/強磁性体から構成される強磁性トンネル接合は室温にて巨大なトンネル磁気抵抗効果を示すと同時にトンネル磁気キャパシタンス効果も示す。 ...
  • 異方向性磁気抵抗効果、巨大磁気抵抗効果、トンネル磁気抵抗効果等、磁場によって変化する磁気抵抗効果を応用する。 ...
  • また、SQUIDは極低温に冷却する必要があるため、持ち運びが困難で用途が限られていたが、近年では冷却の不要なトンネル磁気抵抗効果素子や光ポンピング磁力計、GSRセンサ、ダイヤモンド窒素-空孔中心、フラックスゲート磁力計が生体磁気の計測を念頭において開発されつつある。 ...