トンネル接合

全て 名詞
21 の例文 (0.00 秒)
  • 以下の記述はN電極に挟まれたI層からなるトンネル接合についてのものである。 ...
  • 島と島の間にはトンネル接合が形成されるので、電圧が印加されると電子は接合を通り抜けてゆく。 ...
  • 電気工学の用語で言うと、トンネル接合は抵抗値一定の抵抗器としてはたらく。 ...
  • エミッタの濃度を適切にすれば溶着部の燐濃度が高くてもトンネル接合の形成を防げる事が判明した。 ...
  • トンネル接合部からは地下水が地下室の床に漏れ出した。 ...
  • これは自己容量の低い電極を介して二つのトンネル接合を直列に接続したもので、接合に挟まれた中央電極は島と呼ばれる。 ...
  • トンネル接合の抵抗値 R についても原理的な制約がある。 ...
  • 二枚の導体が絶縁層を挟んでいる構造には抵抗値のほかに静電容量が生じるので、トンネル接合はコンデンサとしての性質も持っている。 ...
  • 電荷は離散化された存在であるため、トンネル接合を電流が流れるとき、実際には一個の電子が障壁を通り抜けるイベントが連続的に起こっている。 ...
  • 最も単純な構造のトンネル接合は、二枚の導電性の電極が薄い絶縁障壁で隔てられているものである。 ...
  • 走査型プローブ顕微鏡の一種で走査型トンネル顕微鏡の原理を利用して探針と試料間のトンネル接合部に熱勾配がある場合に生じる熱起電力を検出する事により可視化する。 ...
  • クーロンブロッケード温度計はトンネル接合アレイの伝導特性を利用した一次温度計である。 ...
  • 電子が一個トンネルすると、コンデンサとしてのトンネル接合は電気素量一つ分帯電することになり、結果として電圧が U=e/C だけ上昇する。 ...
  • クーロンブロッケードとは、接合容量が低いトンネル接合を一つ以上含むような電子素子において、バイアス電圧が小さい時に電気抵抗が増大する現象である。 ...
  • これ以外にも、トンネル接合と測定機器をつなぐ導線の電気容量が相対的に大きいとクーロンブロッケードを観測できなくなる。 ...
  • トンネル接合が生じた原因はトランジスタの組み立て工程においてベースの電極を取り出すために溶着される細い金線にはガリウムが含まれていたので溶着部の溶融再結晶化部分には大量のガリウムが含まれ、高濃度のN型とP型が接触することになり、金線の溶着部がエミッタからコレクタにまたがっていた事が原因だった。 ...
  • 弱結合の種類としては、トンネル接合、サブミクロンサイズのブリッジ、ポイントコンタクト等がある。 ...
  • 次へ