トップ棋士

50 の例文 (0.00 秒)
  • Facebookは韓国棋院の協力で韓国のトップ棋士との対局を行った。 ...
  • 勝てば今大会優勝するのちのトップ棋士山下敬吾と対戦していた。 ...
  • その他に早碁や孔傑、王磊らトップ棋士も参加しての検討も行われた。 ...
  • トップ棋士同士の対局でも、過去にわずか40数手で決着がつくこともあった。 ...
  • そんな時に当時のトップ棋士・藤沢秀行が「お前はそのままでいいんだよ」と言ってくれたことが、何よりの自信になったという。 ...
  • 出場する棋士は、この棋戦に賛同した20名のトップ棋士から棋戦支援者の投票によって8名が選出される。 ...
  • この升田との対局は平手かつ升田が自分の研究手をぶつけるほどで、トップ棋士が奨励会員を相手にするには異例の態度であったが、加藤の方も簡単には負けなかったという。 ...
  • 新進気鋭の天才として若くしてトップ棋士となったものの、タイトル獲得には時間がかかった。 ...
  • その後、本制度の規定の審査員の多くのトップ棋士の審査を受けて2019年1月5日にプロ棋士入りが発表された。 ...
  • しかし、囲碁対戦人工知能であるAlphaGoは、人間のトップ棋士を相手に、序盤数手目という極めて早い段階で星への三々入りを打って勝利を収めた。 ...
  • Google DeepMindは世界トップ棋士である柯潔に勝利したことを機に、AlphaGoを人間との対局から引退させると発表した。 ...
  • 当時はまだ韓国に内弟子慣習が無く、しかも引退間近ではなく全盛期のトップ棋士が内弟子をとるのは異例のことだった。 ...
  • その後も各棋戦においてトップ棋士としての成績を残し、十段2期、王座3期などのタイトルを獲得。
  • 羽生善治は、1990年代から2010年代にかけて、多数のタイトルを獲得した棋士であるが、同時代に活躍したトップ棋士たちの中には羽生と年齢が近い者が非常に多かった。 ...
  • 第五局から第七局までは、羽生三冠を含む、順位戦A級在位のトップ棋士3名と対戦した。 ...
  • 敗れはしたものの11歳の新人棋士と35歳トップ棋士の師弟挑戦手合は韓国の話題を大いに集めた。 ...
  • 詰みに特化した詰将棋の分野では、ほぼ全ての局面においてコンピュータは早々にトップ棋士の解図力を上回った。 ...
  • 次へ