テレビ黎明期

25 の例文 (0.00 秒)
  • 日本のテレビ黎明期において放送作家として活躍した。 ...
  • テレビ黎明期より、各テレビ局製作のドラマや、時代劇に数多く出演。 ...
  • テレビ黎明期から活動する関西在住の俳優の中でも、当時最若手だった最後の世代の一人である。 ...
  • 番組は日本のテレビ黎明期のようにドラマを生放送で行い、かつ視聴者参加型にするという珍しい手法を採っていたが、わずか5回で終了した。 ...
  • テレビ黎明期からの在阪各局製作のテレビドラマや京都製作の映画やドラマ、所属劇団の舞台に数多く出演。 ...
  • 戦後、京都で新劇の劇団を若くして主宰し、数々の演劇に出演していたことから、関西製作の映画・テレビ黎明期の各局のドラマにも出演するようになる。 ...
  • これに対して、本番組ではテレビ黎明期の『びっくりくん』や『ボクちゃん』を除けば、小学校低学年向け道徳番組では、初めて主人公の名前を番組タイトルに入れるなど単独番組としての形態となっているのが特徴である。 ...
  • 昭和30年代を中心としたテレビ黎明期の軽演劇で爆発的な人気を得て、「崑ちゃん」の愛称で広く大衆に親しまれた。 ...
  • テレビ黎明期から1981年3月頃までに使用されていた当時の放送用テープは当時1本100万円する輸入品の2インチテープで非常に高価なものだったため上書きして再利用せざるを得なかった。 ...
  • 日本初の「連続テレビ映画」番組である『月光仮面』を演出するなど、日本のテレビ黎明期において多くのテレビドラマを演出したことで知られ、14年間で約600本を監督した。 ...
  • 日本と同じくアメリカでもテレビ黎明期のキラーコンテンツはプロレス中継であり、わかりやすい悪役のジョージの試合には全米の人々が熱狂し、会場を毎回満員にした。 ...
  • また、テレビ黎明期の吹き替えに参入してきた新劇俳優について、「大部分の連中にとっては片手間の仕事でしかなかった」、「日本語として不自然な台詞でも疑問も持たず、台本どおりにしか喋らない連中が多くて、僕はそれがすごく腹立たしかった」と語っている。 ...
  • テレビ黎明期の1959年にNHK徳島放送局と四国放送がテレビ放送を開始して以降、県内の放送局は開局していない。 ...
  • ラジオの黄金時代やテレビ黎明期におけるアメリカン・タバコの最も知られた宣伝はL・A・「スピード」・リッグスと言う名の早口のタバコオークショナーだった。 ...
  • 東京映画制作の作品では端役ばかりだったが、1955年にTBSのオーディションに合格し、テレビ黎明期の生放送時代劇に出演し始める。 ...
  • テレビ黎明期の民放テレビ局が1、2局しかない地域、一部を除くクロスネット局、テレビ朝日系列局がない地域でもネットされていた。 ...
  • テレビ黎明期の1958年に制作された単発ドラマ『私は貝になりたい』の大ヒットで、ドラマ分野は報道番組と並んでTBSの看板となり、「ドラマのTBS」と称された。 ...
  • 次へ