ティーボー

全て 名詞
24 の例文 (0.00 秒)
  • シャロン・コアはティーボーの作品を写真的に解釈した写真家として知られる。 ...
  • 現在でも同校はティーボーを名誉教授として保持し続けている。 ...
  • 君主制は廃止され、ティーボー王は追放され、政教分離がなされた。 ...
  • 外交面ではフランスとの接近を図るビルマ王ティーボーを危険視し、ビルマ侵攻を行った。 ...
  • ティーボーは、重い色や誇張された色を使って被写体を表現し、広告に特有の明確な影がほとんど常に作品に含まれている。 ...
  • ビルマは三次にわたる英緬戦争に敗れ、最後のティーボー王はボンベイに幽閉された。 ...
  • 同年12月、式典のためにインド・に眠るティーボーを墓参した。 ...
  • 最後の王ティーボーの没後百年にあたる2016年の11月、約100人の王室の子孫とともにを訪問した。 ...
  • しかし、50年代と60年代の間に描かれたティーボーの作品は、古典的なポップアーティストの作品をわずかに前倒ししており、ティーボーがポップアート運動に影響を与えた可能性があることを示唆している。 ...
  • 休暇の間、ティーボーはケースに展示された食べ物を描いた非常に小さな連作を描き始め、分離された三角形、円、四角形などの基本的な形に焦点を当てた。 ...
  • ティーボーは自身をポップアーティストとは考えておらず、自分は「幻想的な画風の画家」以外の何者でもないと否定したが、1962年を境にティーボーは全国的にポップ・アーティストとして認知されるようになった。
  • ビルマ首都マンダレーを占領してティーボー王を捕虜にし、ビルマをインド帝国に併合した。 ...
  • ティーボーは基本的に伝統を遵守し、創造性を補完するための勤労に重点を置き、現実主義を愛していたため、コンセプチュアル・アーティストの間ではあまり支持を得なかった。 ...
  • 当代の王であるティーボー・ミンと王妃スパヤラットは、王宮から退去することを強いられ、結局インドに亡命した。 ...
  • カリフォルニア州立大学イーストベイ芸術科の画家で退任教授のメル・ラモスは、ティーボーに影響を受けたと述べている。 ...
  • ティーボー王は、コンバウン王朝の最後の国王。 ...
  • 在任期間はわずか数カ月であったが、その間にインド・ミッドランド鉄道の創設に尽力し、また外交面ではビルマ王ティーボーを危険視し、インド総督ダファリン伯爵にビルマ侵攻を実施させ、同国を英領インド帝国に併合させた。 ...
  • 次へ