シャクヤク

全て 名詞
61 の例文 (0.00 秒)
  • 和名の由来は、山地帯に生え全体がシャクヤクに似ていることによる。 ...
  • メリーさん、自分のような赤いシャクヤクの花をもって来てくれた。 ...
  • ボタンやシャクヤクが園芸用に栽培されるほか、漢方薬としても用いられる。 ...
  • その年、タラナキで特別なシャクヤクスタイルの白い椿が作られた。 ...
  • その迷いが、咲きかけたシャクヤクの花を見て、思わず口に出た。 ...
  • 耳にはシャクヤクが、唇には赤色のバラが用いられている。 ...
  • 春に台木からシャクヤクの芽が伸びてくるが、これはすぐに摘み取る。 ...
  • 牡丹苗はシャクヤクを台木に接ぎ木した苗が作られ、販売もされて流通している。 ...
  • 里で活けるなら、栽培されたシャクヤクの方が、家具や調度によく似あうと思う。 ...
  • ボタンの台木として使用されるがシャクヤク自体の花も美しく、中国で、宋代には育種が始まっている。 ...
  • つくば牡丹園はこのたい肥で試験栽培した結果、ボタンやシャクヤクの色や大きさが向上し花期が長くなると伝えた。 ...
  • ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草本である。 ...
  • 存在していたなどと大袈裟な表現を使うのは、当時の彼女は立てばシャクヤク、すわればボタンとまではいかなくてもタンポポよりはずっと美しかった。 ...
  • 宋代にはシャクヤクの育種が進み、また中国春蘭が文人思想と共に愛された。 ...
  • そこまで言って、Oがそれまで伏目がちにシャクヤクの方をながめていた目をあげると、ステファン卿が彼女の唇にじっと目をそそいでいるのに気がついた。 ...
  • オコシップは効目があると言われるものなら、山シャクヤクでも、ホザキウンランでも手当たり次第に使ってみたのだった。 ...
  • 以前はキンポウゲ科に分類されていたが、おしべ・花床の形状の違いからクロンキスト体系ではシャクヤクとともにビワモドキ目に編入され、独立のボタン科とされた。 ...
  • 次へ