アングルトン

32 の例文 (0.00 秒)
  • アングルトンは新しく創設されたばかりのCIAの組織づくりに貢献する一方でフランク・ガーディナー・ウィズナーがアルバニアやポーランドで行った共産主義政権の転覆工作にも関与した。 ...
  • ゴリツィンは亡命者としての存在価値を高めるために、KGBの能力を誇張する供述を繰り返したが、アングルトンはゴリツィンの供述を信じ切ってしまい、CIAには大量のソ連協力者が存在し彼らによってCIAがKGBに操作されていると確信するようになった。 ...
  • アングルトンの名声を高めたのは西側諸国の情報機関に存在するソ連の協力者を解明する仕事で、その任務は「もぐら狩り」と呼ばれていた。 ...
  • CIA工作本部のジョージ・キセバルターは、アメリカとイギリスが共同で行っていたオレグ・ペンコフスキーの獲得工作について、KGBが仕掛けた罠であるというアングルトンの説を信じなかった。 ...
  • さらに、アングルトンはリンドン・B・ジョンソン大統領の命を受けてアメリカ国内における情報収集活動であるCHAOS作戦を立案し、ベトナム戦争への反戦運動や市民運動へのソ連スパイの関与を調査した。 ...
  • ブラゾス川東岸、メキシコ湾より4マイル、アングルトンの南6マイルに位置した。 ...
  • KGBからの亡命者であるアナトーリ・ゴリツィンの尋問によりアングルトンの懸念はさらに深まった。 ...
  • CIA長官を務めたリチャード・ヘルムズはアングルトンについて、「当時、ジムは西側諸国のカウンターインテリジェンスを代表する人物だった」と語っている。 ...
  • 王立カナダ騎馬警察はアングルトンから、レスター・B・ピアソン首相とその後継者ピエール・トルドー首相はソ連のスパイだと連絡を受けた。 ...
  • アングルトンはアイダホ州ボイシでジェームズ・ヒューとカーマン・マーセデスの間に生まれた。 ...
  • ブラゾリア郡拘置所が、アングルトン市の北、郡中央の未編入領域郡道45号線3602にある。 ...
  • MI5はフィルビーを尋問したが、直接的証拠に欠けていたこと、MI6のニコラス・エリオットとCIAのアングルトンが無実を信じて擁護したことによって捜査は打ち切られた。 ...
  • アングルトンからの圧力を受け1964年に王立カナダ騎馬警察はピアソンの側近でカナダの駐ソ大使を務めたジョン・ワトキンスをスパイ容疑で任意拘束した。 ...
  • 学部生時代にアングルトンは詩作に興味を持ち、リード・ウィットモアと文芸誌「Furioso」を創刊し編集を務めた。 ...
  • ブラゾリア郡図書館システムの支所が、アルビン、アングルトン、ブラゾリア、クルート、ダンベリー、フリーポート、レイクジャクソン、マンベル、ペアランド、スウィーニー、ウェストコロンビアにあり、またブラゾリア郡歴史博物館も運営している。 ...