アングランド

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • アングランドに税関が置かれたのは、ナントより上流で生産されるワインに課税するためであった。 ...
  • ブルターニュ州の中にあるアングランド教区の通りの名は、フレンヌ通りであった。 ...
  • アングランドの名前が初めてIngrandiaとして記されるのは、1052年の公文書においてである。 ...
  • アングランドの古名は以下のようになる。 ...
  • マイケル・アングランドは、反対に国民投票によって作成された「国民の会話」が「即決の議会投票」よりも偏見と闘うためのより効果的な方法であると主張した。 ...
  • アングランド、モール間のロワール河左岸には、王党派の大砲が集中されている。 ...
  • アングランドとの境界部分に人口が集中し、1903年にロワール=アンフェリウール県はモントルレを分割して新たなコミューンを創設した。 ...
  • かつてのロワール川の名残であるシャントセの三日月湖は、オクサンヌ・ロム川から水を供給され、アングランドにて再びオクサンヌ・ロム川と合流する。 ...
  • フレンヌ通りはル・フレンヌ=シュル=ロワールというコミューンとなったが、郵便番号エリアはアングランドと同じままだった。 ...
  • ガリア時代のアングランドは、ナムネティ族とアンデカウィ族の領土の境界線にあたり、その後ナント司教座とアンジェ司教座の境界となり、ブルターニュとアンジューの境界となった。 ...
  • アングランドが正式名称だが、アングランド=シュル=ロワールと呼ばれることもある。 ...
  • 旧ル・フレンヌ=シュル=ロワールは権限委任コミューンとなり、一方でアングランドはコミューン・ヌーヴェルの行政中心地となって権限委任コミューンの権利を放棄する。 ...
  • 周辺のコミューンは、ピエール・ド・ブルターニュ通りを境界としてアングランド、同じ県のコミューンであるラ・シャペル=サン=ソヴール、モントルレである。 ...
  • アングランドは、フランス、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏、メーヌ=エ=ロワール県にかつて存在したコミューン。 ...