アロフィコシアニン

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • これはコアとなるアロフィコシアニンを欠くためであると考えられている。 ...
  • コアを構成するフィコビリタンパク質はアロフィコシアニンである。 ...
  • この物質は、フィコビリタンパク質アロフィコシアニンや、エネルギーの最終受容体であるフィコシアニンにのみ存在する。 ...
  • フィコビリソームの中央にはアロフィコシアニンからなるコアが位置し、そこからフィコシアニンとフィコエリスリンからなるロッドが伸びている。 ...
  • つまりエネルギー準位の低いアロフィコシアニンをコアとして、周囲へ向けてフィコシアニン、フィコエリスリンが配置されており、周囲からコアへ、最終的には光化学系IIのクロロフィルaへとエネルギーが伝達され、電子伝達系の動力源となる。 ...
  • ロッドはさらにアロフィコシアニンを主体とするコアと会合して、フィコビリソームと呼ばれる超複合体を構成し、チラコイド膜の表面に結合し、アロフィコシアニンを介しておもに光化学系II複合体に光エネルギーを伝達する。 ...
  • 色素タンパク質としてアロフィコシアニン、フィコシアニン、フィコエリスリンが存在し、チラコイド上でフィコビリソームを形成している。 ...
  • 主要な補助光合成色素は、フィコビリンタンパク質であり、ふつうアロフィコシアニン、フィコシアニン、フィコエリスリンがフィコビリソームを形成してチラコイド膜上に存在する。 ...