アルギン酸ナトリウム

全て 名詞
25 の例文 (0.00 秒)
  • 皮にはカラギーナンやアルギン酸ナトリウムなどが用いられる。 ...
  • また水溶液の粘度はアルギン酸ナトリウムの濃度に応じて対数的に変化する。 ...
  • 一般にアルギン酸ナトリウムは粉末状または顆粒状の固形物として流通している。
  • アルギン酸ナトリウムとカルシウムを反応させて作ったゲルは熱に強く、加熱しても溶解しない。 ...
  • 水に不溶性であるが、アルギン酸ナトリウムなどの可溶性塩として抽出され、食品添加物その他の目的で利用される。 ...
  • アルギン酸ナトリウムは、海藻に含まれる多糖類の一種で、食物繊維のひとつ。 ...
  • アルギン酸ナトリウムの重合度も一定ではない。 ...
  • 水溶液の粘度はアルギン酸ナトリウムの分子量に比例し、高分子量のものほど高い粘度を示す。 ...
  • また、アルギン酸ナトリウム水溶液を滴下する代わりにレードルを使って大量に流し込むことで、つかめる水「」を作ることが可能である。 ...
  • アルギン酸ナトリウム、カルボキシメチルセルロース等が使われる。 ...
  • なお、アルギン酸ナトリウムの溶液はカルシウム溶液に入れると凝固する性質があり、人造イクラも同じ製法で作られている。 ...
  • アルギン酸ナトリウムの水溶液は、粘りを帯びた糊液となる。 ...
  • カロリーとコレステロールを控える意味で卵の白身のみに脱脂粉乳と黄色色素を加えた物と、完全な植物性の原料としてトウモロコシ澱粉とジャガイモ澱粉などにゼラチンやアルギン酸ナトリウムを添加した製品がある。 ...
  • アルギン酸ナトリウムは、これら重合体のナトリウム塩である。
  • アルギン酸ナトリウムの水溶液にマグネシウムイオンやカルシウムイオンを添加するとゲル化する性質がある。
  • 食品用、医薬品用、工業用など幅広い用途に対応するため、アルギン酸、アルギン酸ナトリウム、アルギン酸エステルなど数百種類の製品群を有している。 ...
  • その反応は俊敏であり、両液の界面で瞬時に進行するため、アルギン酸ナトリウム水溶液は分散することなく表面張力で丸くなりながら球状のゲルとなる。 ...
  • 次へ